カナダ政府は有志連合からの戦闘機撤退を決定(2016年2月8日)

カナダのハルジット・サージャン国防大臣はジャスティン・トルドー首相と共同記者会見を開き、シリアとイラクでダーイシュ(イスラーム国)に対する有志連合の空爆作戦に参加してきたカナダ空軍戦闘機6機を2月22日までに撤退させると発表した。

サージャン国防大臣によると、カナダ軍は同地に配備している偵察機、軍事教練のために駐留している教官は残留させ、有志連合としての活動を継続するという。

AFP, February 8, 2016、AP, February 8, 2016、ARA News, February 8, 2016、Champress, February 8, 2016、al-Hayat, February 9, 2016、Iraqi News, February 8, 2016、Kull-na Shuraka’, February 8, 2016、al-Mada Press, February 8, 2016、Naharnet, February 8, 2016、NNA, February 8, 2016、Reuters, February 8, 2016、SANA, February 8, 2016、UPI, February 8, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク