ケリー米国務長官がサウジアラビアのジュバイル外相と会談し、シリア情勢への対応を協議(2016年2月8日)

ジョン・ケリー米国務長官は、サウジアラビアのアーディル・ジュバイル外務大臣とワシントンDCで2度にわたり会談し、シリア情勢、イエメン情勢などへの対応について協議した。

『ハヤート』(2月9日付)は、米高官の話としてこの会談で、両者は、今週末にドイツのミュンヘンで開催予定のISSG(国際シリア支援グループ)外相級会合に向け、シリア政府と反体制派の和平交渉「ジュネーブ3会議」やシリアへの人道支援物資の搬入をめぐるにおける協力態勢について集中的に意見を交わしたと伝えた。

AFP, February 8, 2016、AP, February 8, 2016、ARA News, February 8, 2016、Champress, February 8, 2016、al-Hayat, February 9, 2016、Iraqi News, February 8, 2016、Kull-na Shuraka’, February 8, 2016、al-Mada Press, February 8, 2016、Naharnet, February 8, 2016、NNA, February 8, 2016、Reuters, February 8, 2016、SANA, February 8, 2016、UPI, February 8, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク