トルコ軍がアレッポ県北西部に最大規模の越境空爆を行うなか、YPG主体のシリア民主軍とシリア軍はアレッポ市への包囲を強化(2016年2月19日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、トルコ軍が、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊主体のシリア民主軍が制圧したアアザーズ市周辺の農村地帯、マンナグ航空基地、タッル・リフアト市、アルカミーヤ村、マルアナーズ村、マーリキーヤ村に対して、これまでで最大規模となる越境砲撃を行った。

トルコ軍はまた、西クルディスタン移行期民政局アフリーン地区の中心都市アフリーン市郊外のジャンディールス村一帯に対しても激しい越境砲撃を続けた。

これに対して、人民防衛隊はアレッポ市バニー・ザイド地区、ブスターン・バーシャー地区、シャイフ・マクスード地区一帯でジハード主義武装集団と交戦した。

またシリア軍、国防隊、クドス旅団(パレスチナ人)は、そしてアレッポ市西部郊外の「ファミリー・ハウス」一帯でジハード主義武装集団と交戦した。

ARA News(2月19日付)によると、シリア軍はさらに、アブティーン村、フーバル村一帯、アイス村などアレッポ市南部郊外でシャームの民のヌスラ戦線などからなる反体制武装集団と交戦した。

AFP, February 19, 2016、AP, February 19, 2016、ARA News, February 19, 2016、Champress, February 19, 2016、al-Hayat, February 20, 2016、Iraqi News, February 19, 2016、Kull-na Shuraka’, February 19, 2016、al-Mada Press, February 19, 2016、Naharnet, February 19, 2016、NNA, February 19, 2016、Reuters, February 19, 2016、SANA, February 19, 2016、UPI, February 19, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.


カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク