シリア軍がラタキア県、ダマスカス郊外県などで反体制武装集団との戦闘を続ける(2016年2月20日)

ラタキア県では、シリア人権監視団によると、シリア軍、シリア人、アラブ系・アジア系民兵とともに、ロシア軍士官の指揮下で第1沿岸師団、シャーム自由人イスラーム運動、アンサール・シャーム、第2海外師団、トルキスターン・イスラーム党、シャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団とマフシャバー村、アイン・カンタラ村一帯で交戦し、同地を制圧した。

一方、SANA(2月20日付)によると、シリア軍が人民防衛諸集団とともにアイン・カンタラ村、マフシャバー村、キンサッバー町周辺一帯、カトフ峰、タルーカシー峰、ワティー・スィンディヤーナ峰などで反体制武装集団を掃討し、同地を制圧、治安と安定を回復した。

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍と思われる戦闘機がラターミナ町一帯を10回以上にわたり、またムーリク市一帯を2回にわたり空爆した。

**

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がブスラー・シャーム市、サイダー町、アルマー町を砲撃、反体制武装集団と交戦した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍と思われる戦闘機がアルバイン市、タッル・ファルザート村、フーシュ・アシュアリー農場、フーシュ・サーリヒーヤ村、アフタリース農場、ハズラマー村、ウーターヤー町、ファダーイーヤ村、ナシャービーヤ町一帯を空爆した。

一方、ARA News(2月20日付)によると、アナトリア通信の特派員を名乗るマジド・ダイラーニー氏がダーライヤー市での戦闘を取材中に死亡した。

Kull-na Shuraka', February 20, 2016

Kull-na Shuraka’, February 20, 2016

他方、SANA(2月20日付)によると、シリア軍がバイト・ナーイム村、ウーターヤー町でジハード主義武装集団の拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

イドリブ県では、SANA(2月20日付)によると、シリア軍がタマーニア町、カフルサジュナ村、アブー・ズフール町一帯で、ジュンド・アクサー機構やファトフ軍の拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ハマー県では、SANA(2月20日付)によると、シリア軍がカフルズィーター市、ラターミナ町、アトシャーン村、ハルブナフサ村、ラウダ村でシャームの民のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動などからなるジハード主義武装集団の拠点を攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、SANA(2月20日付)によると、シリア軍がティールマアッラ村、タルビーサ市でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団の拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダルアー県では、SANA(2月20日付)によると、シリア軍がダルアー市バジャービジャ地区などでシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, February 20, 2016、AP, February 20, 2016、ARA News, February 20, 2016、Champress, February 20, 2016、al-Hayat, February 21, 2016、Iraqi News, February 20, 2016、Kull-na Shuraka’, February 20, 2016、al-Mada Press, February 20, 2016、Naharnet, February 20, 2016、NNA, February 20, 2016、Reuters, February 20, 2016、SANA, February 20, 2016、UPI, February 20, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク