トルコ軍がアレッポ市北西部の西クルディスタン移行期民政局の拠点都市アフリーン市などを越境砲撃する一方、トルコ領内から戦闘員がシリア領内に潜入(2016年2月20日)

アレッポ県では、ARA News(2月20日付)によると、トルコ軍が西クルディスタン移行期民政局アフリーン地区の中心都市アフリーン市郊外のハマーム村、カルミーラク村、マアッルスィッカ村、ダイル・バッルート村、ジャンディールス村、カフルジャンナ村、アルシュ・キーバール村、アフリーン市アシュラフィーヤ地区などを越境砲撃し、住民3人が負傷した。

またARA News(2月20日付)によると、トルコ軍の越境砲撃を受けるかたちで、シャームの民のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動、スルターン・ムラード旅団、山地の鷹旅団、シャーム軍団などからなるジハード主義武装集団がアフリーン市郊外のダイル・バッルート村、ジャンディールス村一帯に兵力を集中させ、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍への攻撃を準備しているという。

同地に結集している戦闘員の一部はトルコ領内から25輌の車輌に分乗し、シリア領内に潜入したという。

一方、シリア人権監視団によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊主導がアレッポ市シャイフ・マクスード地区で、第16師団、シャームの民のヌスラ戦線などからなる反体制武装集団と交戦し、反体制武装集団の砲撃などで住民3人が死亡、約30人が負傷した。

またアレッポ県北西部では、人民防衛隊主体のシリア民主軍がアイン・ダクナ村一帯で「米国の支援を受けた武装集団」を「米国製のTOW対戦車ミサイル」で攻撃し、戦闘員5人を殺傷した。

さらにシリア民主軍はタッル・リフアト市一帯でジハード主義武装集団と交戦し、後者の戦闘員2人が死亡した。

**

同じく、アレッポ県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍と思われる戦闘機が、アレッポ市バニー・ザイド地区、ブスターン・バーシャー地区、アンダーン市、ハイヤーン町、バヤーヌーン町、マーリア市を空爆、同地一帯ではシリア軍と反体制武装集団が交戦した。

また、ARA News(2月20日付)によると、第16歩兵師団、第1中隊、アレッポ作戦司令室が、アレッポ市ブスターン・カスル地区、サラーフッディーン地区、ブスターン・バーシャー地区、アシュラフィーヤ地区でシリア軍と交戦した

これに対し、ARA News(2月20日付)によると、アレッポ作戦司令室、シャーム自由人イスラーム運動、シャームの民のヌスラ戦線がタームーラ村のシリア軍拠点を攻撃した。

一方、SANA(2月20日付)によると、シリア軍がファーフ村、スーラーン・アアザーズ町、バウワービーヤ村、シュワイフナ村、アブー・シャイラム村、アレッポ市ラーシディン地区、ライラムーン地区でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団の拠点を攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, February 20, 2016、AP, February 20, 2016、ARA News, February 20, 2016、Champress, February 20, 2016、al-Hayat, February 21, 2016、Iraqi News, February 20, 2016、Kull-na Shuraka’, February 20, 2016、al-Mada Press, February 20, 2016、Naharnet, February 20, 2016、NNA, February 20, 2016、Reuters, February 20, 2016、SANA, February 20, 2016、UPI, February 20, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク