ロシア軍、有志連合と思われる戦闘機がアレッポ県東部、ヒムス県のダーイシュ拠点を爆撃する一方、シリア軍はアレッポ市・ラッカ市街道沿いの1カ村を制圧(2016年3月2日)

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍と思われる戦闘機がダーイシュ(イスラーム国)の支配下にあるタドムル市各所を空爆した。

一方、SANA(3月2日付)によると、シリア軍がカルヤタイン市、タドムル市でダーイシュ(イスラーム国)の拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、アレッポ市東部で、シリア軍、国防隊がダーイシュ(イスラーム国)と交戦した。

また、シリア人権監視団によると、米軍主導の有志連合と思われる戦闘機が、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍とダーイシュ(イスラーム国)が対峙するユーフラテス川西岸のティシュリーン・ダム一帯を空爆した。

一方、ARA News(3月2日付)によると、シャーム軍団、スルターン・ムラード旅団からなる「穏健な反体制派」が県北西部のドゥーディヤーン村、カッラ・クーバリー村村のダーイシュ(イスラーム国)拠点に攻撃を加え、有志連合がこれを航空支援した。

このほか、SANA(3月2日付)によると、シリア軍がアレッポ市東部および北東部一帯でダーイシュ(イスラーム国)の拠点を攻撃・破壊し、アレッポ市・ラッカ市街道沿いのファーフ村を制圧、治安と安定を回復した。

シリア軍はまた、バーブ市のダーイシュ拠点を空爆した。

**

スワイダー県では、SANA(3月2日付)によると、シリア軍が県北部のダルファア丘でダーイシュ(イスラーム国)の拠点を攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、所属不明の戦闘機がラッカ市内のフルースィーヤ地区、ハウド地区にあるダーイシュ(イスラーム国)の主要拠点複数カ所を3回にわたり空爆した。

**

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、ダイル・ザウル市ジュバイラ地区、ムワッザフィーン地区、労働者住宅地区、ジャウラ地区、ブガイリーヤ村でシリア軍と国防隊がダーイシュ(イスラーム国)と交戦、またシリア軍はダイル・ザウル市周辺の丘陵地帯を空爆した。

**

ダマスカス県では、クッルナー・シュラカー(3月3日付)によると、ヤルムーク・パレスチナ難民キャンプ内で、アル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線が、ダーイシュ(イスラーム国)とジャマーアト・アンサールと交戦し、ジャマーアト・アンサールの司令官が死亡した。

AFP, March 2, 2016、AP, March 2, 2016、ARA News, March 2, 2016、Champress, March 2, 2016、al-Hayat, March 3, 2016、Iraqi News, March 2, 2016、Kull-na Shuraka’, March 2, 2016、March 3, 2016、al-Mada Press, March 2, 2016、Naharnet, March 2, 2016、NNA, March 2, 2016、Reuters, March 2, 2016、SANA, March 2, 2016、UPI, March 2, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク