ロシアの仲介による「穏健な反体制派」4組織が新たに敵対行為停止合意を受諾(2016年3月3日)

ロシア国防省は、シリア国内でロシアの仲介により「穏健な反体制派」4組織が新たに敵対行為停止合意を受諾、またダマスカス郊外県、ダルアー件、ヒムス県、アレッポ県で活動する11組織と現在、合意の受諾をめぐる交渉を行っていることを明らかにした。

**

これに関連して、SANA(3月3日付)は、バアス党シリア地域指導部のハラール・ハラール副書記長が、ダルアー県での「地方レベルでの和解」実現に向けた取り組みを行う「南部和平イニシアチブ」の使節団と会談したと伝えた。

AFP, March 3, 2016、AP, March 3, 2016、ARA News, March 3, 2016、Champress, March 3, 2016、al-Hayat, March 4, 2016、Iraqi News, March 3, 2016、Kull-na Shuraka’, March 3, 2016、al-Mada Press, March 3, 2016、Naharnet, March 3, 2016、NNA, March 3, 2016、Reuters, March 3, 2016、SANA, March 3, 2016、UPI, March 3, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク