2012年9月7日のシリア情勢

シリア政府の動き

SANA(9月7日付)は、ヒムス県のアフマド・ムニール・ムハンマド知事の話として、ヒムス市での軍・治安部隊と反体制武装勢力の戦闘の被害総額6000億シリア・ポンドに掃討する、と報じた。

**

SANAなどシリアの各メディアは、金曜礼拝後の市民を狙った反体制武装勢力による爆弾テロが、ダマスカス県、ヒムス県、イドリブ県で多数発生したと大々的に報じ、アレッポ市から放逐されつつある反体制武装勢力の「劣勢」(優勢ではない)を暗に宣伝した。

国内の暴力

ダマスカス県では、SANA(9月7日付)によると、ルクンッディーン区のルカイナ・モスク近くで、反体制武装勢力が電動式自転車に仕掛けた爆弾が爆発し、市民と治安維持部隊兵士6人が死亡、多数が負傷した。爆発は金曜礼拝から出てきた市民を狙ったものと思われる。

またマッザ区オートストラード・マッザにある裁判所と情報省の近くでも、反体制武装勢力が車に仕掛けた爆弾が爆発し、近くに駐車されていた車や周辺の建物が被害を受けた。

さらにヤルムーク区では、反体制武装勢力の砲撃によって多数の民間人が死傷、負傷者を搬出しようとした救急車両も発砲を受けた。

一方、シリア人権監視団によると、カッザーズ地区で軍・治安部隊と反体制武装勢力が激しく交戦し、若者数十人が逮捕された。

SANA, September 7, 2012

SANA, September 7, 2012

SANA, September 7, 2012

SANA, September 7, 2012

SANA, September 7, 2012

SANA, September 7, 2012

SANA, September 7, 2012

SANA, September 7, 2012

**

ヒムス県では、SANA(9月7日付)によると、またヒムス市では、バーブ・フード地区を占拠している反体制武装勢力がマイダーン地区を砲撃し、市民15人が負傷した。

またクサイル地方で軍・治安部隊が反体制武装勢力の「残党」を追撃し、拠点を破壊、多数の戦闘員を殺傷した。

一方、シリア人権監視団によると、ヒムス市などが軍・治安部隊の砲撃に曝され、多数が負傷した。

**

イドリブ県では、SANA(9月7日付)によると、イドリブ市ガルビー地区にあるシュアイブ・モスク近くで、反体制武装勢力が仕掛け爆弾を爆発させ、清掃労働者1人が死亡、子供を含む多数が負傷した。

またイドリブ市、アブー・ズフール町、ハーリム地方などで軍・治安部隊が反体制武装勢力を追撃、多数の戦闘員を殺傷した。

一方、シリア人権監視団によると、マアッラト・ヌウマーン市、タフタナーズ市、バーラ村、タヒーナ市が軍・治安部隊の砲撃に曝され、多数が負傷した。

**

アレッポ県では、SANA(9月7日付)によると、アレッポ市ブアイディーン地区、マイサル地区、バシュカーティーン地区などで軍・治安部隊が反体制武装勢力と交戦し、甚大な損害を与えた。

一方、シリア人権監視団によると、離反兵1人がアレッポ市で死亡した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、軍・治安部隊の兵士数百人がビビーラー市に突入した。

またドゥーマー市では反体制武装勢力の戦闘員3人が殺害された。さらにハラスター市、ダイル・アサーフィール市では民間人の遺体16体が発見された。

**

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、ブーカマール市とダイル・ザウル市に軍・治安部隊が砲撃を加え、子供2人を含む3人が殺害された。

**

『ハヤート』(9月8日付)は、反体制デモに数千人が参加したと報じた。

またフェイスブックでは「包囲されたヒムスはあなたたちに呼びかけている」金曜日と銘打って反体制デモが呼びかけられた。

クルド民族主義勢力の動き

クルディーヤ・ニューズ(9月7日付)によると、アレッポ県アイン・アラブ市(コバーニー市)で6日晩から未明にかけて、クルド最高委員会の決定に背くかたちで反体制デモが実施された。

al-Kurdīya News, September 7, 2012

al-Kurdīya News, September 7, 2012

al-Kurdīya News, September 7, 2012

al-Kurdīya News, September 7, 2012

デモではアレッポ市シャイフ・マクスード地区に対する軍・治安部隊の空爆で死亡したクルド人(その後死者数は25人に増加)との連帯が訴えられた。

インターネットなどでは、反体制活動家が「徴兵拒否」の金曜日と銘打って反体制デモを呼びかけていた。

**

西クルディスタン人民議会議長でクルド最高委員会メンバーのサイナム・ムハンマド女史はクルディーヤ・ニューズ(9月7日付)に対して、「トルコはクルド地域に緩衝地帯を設置しようとしているが、我々はこれを拒否する。クルド最高委員会はこの問題に関して何の決定も下していない。しかし、それはクルド人民の利益に反する。なぜならクルド地域に自由シリア軍が入ってくるからだ」と述べた。

またクルド地域の自治を民主連合党が独占し、クルド最高委員会結成に関する合意を遵守していないとの(シリア・クルド国民評議会などからの)一部批判に関して、「それは正しくない。我々はシリア・クルド国民評議会と協力し、クルド最高委員会のもとに治安・福祉に関する委員会を設置する準備はできている…。しかしシリア・クルド国民評議会の側に落ち度や遅延が見られる」と述べた。

さらにアームーダー市などでの民主連合党の支持者とクルド人の調整との対立が激化していることに関して、「クルド人地域を窃盗や密輸から保護するという都市における問題に比べて微々たる問題」と答えた。

**

 

クルド最高委員会は、トルコ西部イズミル県沖のエーゲ海での小型漁船沈没の犠牲者に哀悼の意を示すため、クロ旗の掲揚を呼びかけた。

レバノンの動き

LBCI(9月7日付)は、ベイルート県郊外のルワイス地区で軍がハサン・ミクダードら数名を逮捕した、と報じた。

ハサン・ミクダードはミクダード家連盟のマーヒル・ミクダード代表の弟で、トルコ人(アブデルバセト・オルソラン氏)の拉致への関与を疑われているという。

しかし、マーヒル・ミクダード代表は、ジャディード・チャンネル(9月7日付)に対して、「トルコ人の人質はルワイスでの戦闘の最中に姿を消した。我々は現在彼を拘束していない。彼の行方を捜索している」と述べた。

また逮捕時に銃撃戦が発生したことについては、「第三者が介入し、軍に発砲した」と述べた。

ムスタクバル・チャンネル(9月7日付)は、トルコ人人質が解放され軍に保護されていると報じた(未確認情報)。

**

『アフバール』(9月7日付)は、イランでの非同盟中立首脳会議に出席したミシェル・スライマーン大統領が、テヘランでシリアのワーイル・ナーディル・ハルキー首相、ワリード・ムアッリム外務在外居住者大臣と会談し、テロ容疑で逮捕されたミシェル・サマーハ元情報大臣に関して意見を交わしたと報じた。

アリー・マムルーク国民治安会議議長と「アドナーン」という名の上級士官の関与が疑われている同事件をめぐる意見交換で、シリア側は「平静」「快活」だったという。

**

アドナーン・マンスール外務大臣はアラブ連盟外相会議への参加を終え、レバノンに帰国、NBN(9月7日付)に対して、「レバノンはアラブ政治の迷路に入ることはなく、他者を攻撃する陣営を支持しないだろう」と述べ、シリア・バッシングを続ける湾岸諸国と与しないとの意思を示した。

諸外国の動き

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン首相は、シリア情勢に関して「一部の国は沈黙を護り、宗派的志向のみを理由として(アサド)体制(の弾圧)を奨励している」と述べ、イランを暗に批判した。

そのうえでエルドアン首相は「シリアで起きていることは、1332年前にカルバラーで起きたことと全く同じだ」と述べ、イマーム・フサインがウマイヤ朝のカリフ・ヤズィードの軍に殺されたように、アサド大統領が抹殺されてしかるべきとの常軌を逸した低俗な例え話を行い、宗派主義を唱導した。

**

クウェートのワリード・タブタバーイー国会議員がシリアに不法入国し、イドリブ県サルマダー市でシリア人群衆を前に説法を行う映像がユーチューブ(9月7日付)にアップされた。

http://www.youtube.com/watch?v=iBbvoYzaZVs

Youtube, September 6, 2012

Youtube, September 6, 2012

Youtube, September 6, 2012

Youtube, September 6, 2012

**

UPI(9月7日付)は、米国がトルコ領内の対シリア国境地域に諜報員、外交官を増員し、反体制勢力への指導を強化していると報じた。

**

シリア訪問を終え、スイスに帰国した赤十字国際委員会のペーター・マウラー会長は、「アサド大統領は、救援物資の搬入を円滑化することで人道支援を早急に増加させる必要について同意した…。また政治犯の訪問について大統領は議論する準備があるようだ…。会談で得られた前向きな誓約はもちろんその実施の有無をフォローアップ・評価されねばならない」と述べた。

**

国連難民高等弁務官は、シリア人非難民の急増を受け、シリアへの人道支援計画における予算割り当てが、4170万ドルとこれまでの支援額の倍に増やされたことを明らかにした。

AFP, September 7, 2012、al-Akhbar, September 7, 2012、Akhbār al-Sharq, September 7, 2012、al-Ḥayāt, September 8, 2012、al-Jadeed, September 7, 2012、Kull-nā Shurakāʼ, September
7, 2012、al-Kurdīya News, September 7, 2012、LBCI, September 7, 2012、al-Mustaqbal
TV, September 7, 2012、Naharnet.com, September 7, 2012, September 8, 2012、NBN,
September 7, 2012、Reuters, September 7, 2012、SANA, September 7, 2012、UPI,
September 7, 2012などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク