米軍主導の有志連合は10~12日の3日間でマンビジュ市一帯などに42回の爆撃を実施(2016年6月13日)

米中央軍(CENTCOM)は、6月10日から12日の3日間でのシリア、イラク両国での有志連合の戦果をHPで発表した。

発表によると、6月10日はシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して31回の空爆を実施、このうちシリア領内での空爆は13回で、マンビジュ市近郊(8回)、マーリア市近郊(5回)に対して攻撃が行われた。

6月11日はシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して36回の空爆を実施、このうちシリア領内での空爆は16回で、ブーカマール市近郊(1回)、ラッカ市近郊(1回)、マンビジュ市近郊(11回)、マーリア市近郊(3回)に対して攻撃が行われた。

6月12日はシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して32回の空爆を実施、このうちシリア領内での空爆は13回で、ブーカマール市近郊(1回)、アイン・イーサー市近郊(5回)、マンビジュ市近郊(6回)、マーリア市近郊(1回)に対して攻撃が行われた。

AFP, June 13, 2016、AP, June 13, 2016、ARA News, June 13, 2016、Champress, June 13, 2016、al-Hayat, June 14, 2016、Iraqi News, June 13, 2016、Kull-na Shuraka’, June 13, 2016、al-Mada Press, June 13, 2016、Naharnet, June 13, 2016、NNA, June 13, 2016、Reuters, June 13, 2016、SANA, June 13, 2016、UPI, June 13, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク