イランのザリーフ外相「シリアとイラクでの軍事的解決はあるかもしれいないが、軍事的解決はないと合意する必要がある」(2016年6月14日)

イランのモハンマド・ジャワード・ザリーフ外務大臣は、訪問中のノルウェーでの記者会見で、シリアとイラクにおける紛争に関して「軍事的解決はあり得るかもしれいないが、この2カ国の紛争にいずれにおいても軍事的解決はないと合意する必要があると思う。過激派を打ち負かすには、さらなる軍事的戦略が必要だ」と述べた。

ロイター(6月14日付)が伝えた。

AFP, June 14, 2016、AP, June 14, 2016、ARA News, June 14, 2016、Champress, June 14, 2016、al-Hayat, June 15, 2016、Iraqi News, June 14, 2016、Kull-na Shuraka’, June 14, 2016、al-Mada Press, June 14, 2016、Naharnet, June 14, 2016、NNA, June 14, 2016、Reuters, June 14, 2016、SANA, June 14, 2016、UPI, June 14, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク