シリア外務省は米仏独軍特殊部隊のシリア領内での配備を「あからさまな主権侵害、敵対行為」と非難(2016年6月15日)

シリアの外務在外居住者省高官は、米軍特殊部隊に加えて、ドイツとフランスの軍特殊部隊がシリア領内(アレッポ県マンビジュ市一帯、アイン・アラブ市一帯)に派遣されているとする情報に関して、国連憲章に違反するあからさまな主権侵害、敵対行為だと非難した。

SANA(6月15日付)が伝えた。

AFP, June 15, 2016、AP, June 15, 2016、ARA News, June 15, 2016、Champress, June 15, 2016、al-Hayat, June 16, 2016、Iraqi News, June 15, 2016、Kull-na Shuraka’, June 15, 2016、al-Mada Press, June 15, 2016、Naharnet, June 15, 2016、NNA, June 15, 2016、Reuters, June 15, 2016、SANA, June 15, 2016、UPI, June 15, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き パーマリンク