シリア軍はアレッポ市北部一帯に6度目の突入作戦を敢行するも、反体制派はこれを撃退(2016年6月24日)

アレッポ県では、『ハヤート』(6月25日付)によると、シリア軍地上部隊が戦闘機(所属明示せず)の空爆による航空支援を受け、ハンダラート・キャンプ一帯、アルド・マッラーフ地区で進軍、反体制武装集団と激しく交戦した。

これに関して、ドゥラル・シャーミーヤ(6月24日付)は、シリア軍の攻勢により、同地一帯は70回以上の空爆を受けたが、反体制武装集団がシリア軍によって奪われた拠点すべてをその後に奪還、また戦闘でシリア軍のアレッポ作戦司令室のヤースィル・アブドゥッラフイーム少将を殺害したと伝えた。

ドゥラル・シャーミーヤによると、シリア軍がハンダラート・キャンプ一帯、アルド・マッラーフ地区などアレッポ市北部郊外一帯に突入するのはこれが6回目で、いずれも反体制武装集団の反撃により失敗に終わっているという。

ドゥラル・シャーミーヤによると、アレッポ市西部のザフラー協会地区一帯でも、シリア軍が進軍し、反体制武装集団と交戦した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、戦闘機(所属明示せず)が西グータ地方のダーライヤー市一帯、ハーン・シャイフ・キャンプ一帯を空爆した。

シリア軍はまた、東グータ地方のバハーリーヤ村、マイダアー町一帯でジハード主義武装集団と交戦、ビラーリーヤ村、ナシャービーヤ町一帯を空爆した。

**

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、ダルアー市避難民キャンプ地区一帯で、シリア軍がジハード主義武装集団と交戦する一方、戦闘機(所属不明)はブスラー・シャーム市を空爆した。

これに対して、ジハード主義武装集団はダルアー市郊外のシリア軍拠点を砲撃した。

**

スワイダー県では、シリア人権監視団によると、サマー村一帯で、反体制武装集団内で戦闘が発生した。

この戦闘は、ウマリー旅団の検問所で女性が殴打されたことを受けたものだという。

**

ラタキア県では、シリア人権監視団によると、クルド山、トルクメン山一帯でシリア軍が反体制武装集団と交戦した。

**

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、ファトフ軍がフーア市、カファルヤー町を砲撃した。

これに対して、戦闘機(所属明示せず)がタッル・マンス村、バービーラー村、ダーナー市一帯を空爆した。

**

ロシア国防省は、ラタキア県フマイミーム航空基地のシリア駐留ロシア軍司令部に設置された当事者和解調整センターが、6月23日に5件の停戦違反が発生したことを確認したと発表した。

米・ロシアによる敵対行為停止合意が発効した2月27日以降の停戦違反件総数は714件。

**
ダマスカス郊外県では、SANA(6月24日付)によると、バラカト・ダム村に反体制武装集団が撃った迫撃砲弾が着弾し、子供4人が死亡、女性と老人7人が負傷した。
**
アレッポ県では、SANA(6月24日付)によると、アレッポ市サビール地区に反体制武装集団が撃った迫撃砲弾が着弾し、1人が死亡、14人が負傷した。
**
ハサカ県では、SANA(6月24日付)によると、ジュワーディーヤ村で爆弾が仕掛けられた車が爆発した。

死傷者はなかった。


AFP, June 24, 2016、AP, June 24, 2016、ARA News, June 24, 2016、Champress, June 24, 2016、al-Durar al-Shamiya, June 24, 2016、al-Hayat, June 25, 2016、Iraqi News, June 24, 2016、Kull-na Shuraka’, June 24, 2016、al-Mada Press, June 24, 2016、Naharnet, June 24, 2016、NNA, June 24, 2016、Reuters, June 24, 2016、SANA, June 24, 2016、UPI, June 24, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク