アレッポ県のトルコ国境地帯でトルコ軍の越境砲撃支援を受けるハワール・キッリス作戦司令室とダーイシュが交戦(2016年6月27日)

アレッポ県では、ARA News(6月27日付)によると、トルコ国境に近い県北部一帯で、ダーイシュ(イスラーム国)が再び進攻し、タッル・バッタール村、カサージク村、シュアイビーヤ村、タッル・アフマル村、シャーヒーン農場を制圧した。

これに対して、シャーム軍団、ハムザ旅団、スルターン・ムラード旅団などからなるハワール・キッリス作戦司令室が、トルコ軍の越境砲撃による支援を受け、ダーイシュと交戦し、タッル・バッタール村、ファイザリーヤ村、シャイフ・リーフ村、シャーヒーン農場を奪還した。

一方、SNN(6月27日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)の拠点都市の一つバーブ市が空爆を受けた。

また、マンビジュ市一帯では、有志連合の空爆支援を受けた西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍がダーイシュとの戦闘を続けた。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、アーラーク油田一帯で、シリア軍とダーイシュ(イスラーム国)が交戦した。

一方、SANA(6月27日付)によると、シリア軍がシャーイル油田一帯、フサイスィース村一帯でダーイシュ(イスラーム国)の拠点を空爆した。

**

ハマー県では、SANA(6月27日付)によると、シリア軍がイスラヤー村東部郊外のダーイシュ(イスラーム国)拠点を空爆した。

**

クナイトラ県では、SANA(6月27日付)によると、シャームの民のヌスラ戦線が撃った迫撃砲弾4発がバアス市、ハーン・アルナバ市に着弾した。

AFP, June 27, 2016、AP, June 27, 2016、ARA News, June 27, 2016、Champress, June 27, 2016、al-Hayat, June 28, 2016、Iraqi News, June 27, 2016、Kull-na Shuraka’, June 27, 2016、al-Mada Press, June 27, 2016、Naharnet, June 27, 2016、NNA, June 27, 2016、Reuters, June 27, 2016、SANA, June 27, 2016、SNN, June 27, 2016、UPI, June 27, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク