新シリア軍を主導するアサーラ・ワ・タンミヤ戦線幹部は、ブーカマール市攻略の失敗の原因がイラク部族軍にあると指摘(2016年6月30日)

米仏が軍事支援する新シリア軍を主導するアサーラ・ワ・タンミヤ戦線のハーリド・ハマード事務局長はSNS(6月30日付)の自身のツイッターで、ダイル・ザウル県ブーカマール市攻略作戦が失敗し、戦闘員数十人を失ったことを認めた。

ハマード事務局長によると、失敗の原因は、イラク側の協力者(部族軍)が思うような成果を上げられなかったことにあったという。

クッルナー・シュラカー(6月30日付)が伝えた。


AFP, June 30, 2016、AP, June 30, 2016、ARA News, June 30, 2016、Champress, June 30, 2016、al-Hayat, July 1, 2016、Iraqi News, June 30, 2016、Kull-na Shuraka’, June 30, 2016、al-Mada Press, June 30, 2016、Naharnet, June 30, 2016、NNA, June 30, 2016、Reuters, June 30, 2016、SANA, June 30, 2016、UPI, June 30, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク