シリア軍が「テロとの戦い」で戦略的に共闘する西クルディスタン移行期民政局の施設を初めて空爆し、「主権に抵触するような要求」を行わないよう警告(2016年8月18日)

ハサカ県では、クッルナー・シュラカー(8月18日付)、ARA News(8月18日付)、Yekiti Media(8月18日付)などによると、国防隊と西クルディスタン移行期民政局アサーイシュの散発的な戦闘が続くハサカ市で、シリア軍がアサーイシュの拠点を4回にわたって空爆した。

シリア軍が西クルディスタン移行期民政局関連の拠点を空爆するのは同民政局が2014年1月に発足して以降初めて。また西クルディスタン移行期民政局を主導する民主連合党関連拠点を空爆するのも、2011年3月に「アラブの春」がシリアに波及して以降初めて。

空爆が行われたのは、ハサカ市中心街に位置するマハッタ通り、市西部のカッラーサ地区にある第24通りにいたる交差点のアサーイシュ拠点など(ただしすべての標的はいまだ特定されていないという)。

Kull-na Shuraka', August 18, 2016

Kull-na Shuraka’, August 18, 2016

一方、シリア人権監視団によると、シリア軍の空爆はハサカ市北西部および東部にある人民防衛隊の拠点6カ所に及び、うち3カ所は検問所、3カ所は(司令)拠点だったという。

シリア軍はまた、前日に引き続き砲撃を実施、カウカブ山に展開する部隊が、ハサカ市北部のタッル・ハジャル地区、北東部のサーリヒーヤ地区、ムフティー地区、南西部の西ヌシューワ地区が標的となり、西ヌシューワ地区で住民5人が死亡した。

さらに、ハサカ市中心街のマルシュー通り、マハッタ通り、南西部の西ヌシューワ地区では、17日夜から断続的に戦闘が続けた。

ハサカ市内での戦闘の激化を受け、ハサカ市住民の一部は市郊外、アームーダー市、カーミシュリー市への避難を開始した。

ARA News, August 18, 2016

ARA News, August 18, 2016

**

なお、ハサカ市内のシリア政府筋がAFP(8月18日付)に明らかにしたところによると、シリア政府と西クルディスタン移行期民政局の両当事者が対立解消に向け、会合を重ねてきたが、民政局側がハサカ市内で活動する国防隊の解体を要求してきたために、交渉が決裂、シリア軍が空爆を敢行したという。

この空爆は「シリアの主権に抵触するような要求を行わないようクルド人に警告するためのメッセージ」だという。

**

一方、空爆を受けて人民防衛隊のライドゥール・ハリール報道官は声明を出し、そのなかで「我が国民に対するあからさまな攻撃に沈黙はしない。国民を守るため断固たる対応をとる。我が国民の血に染まった手はあらゆる手段を駆使して裁きを受けることになる」と発表した。

AFP, August 18, 2016、AP, August 18, 2016、ARA News, August 18, 2016、Champress, August 18, 2016、al-Hayat, August 19, 2016、Iraqi News, August 18, 2016、Kull-na Shuraka’, August 18, 2016、al-Mada Press, August 18, 2016、Naharnet, August 18, 2016、NNA, August 18, 2016、Reuters, August 18, 2016、SANA, August 18, 2016、UPI, August 18, 2016、Yekiti Media, August 18, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク