シリア軍は反体制派の支配下にあったアレッポ市ファラーフィル地区を完全制圧(2016年9月27日)

アレッポ県では、SANA(9月27日付)によると、シリア軍がアレッポ市ファラーフィラ地区(アレッポ城北西部)でファトフ軍に完全統合されたヌールッディーン・ザンキー運動および同軍を主導するシャームの民のヌスラ戦線(シャーム・ファトフ戦線)などからなる反体制武装集団を掃討し、同地を完全制圧した。

シリア軍はまた、イザーア地区で反体制武装集団が掘削した地下トンネル(司令拠点)、ブライジュ村の反体制武装集団拠点を破壊した。

さらにシリア軍航空部隊は、ダーラ・イッザ市、カブターン・ジャバル村、カフルハムラ村・アナダーン市・ハイヤーン町回廊一帯でファトフ軍拠点を空爆した。

一方、「反体制派幹部」が『ハヤート』(9月28日付)に明らかにしたところによると、シリア軍および親政権の民兵組織が、アレッポ市一帯で過去最大規模となる地上攻撃を開始し、反体制武装集団支配下の同市東部に対して四方から攻勢を強めた。

またシリア人権監視団によると、シリア軍と反体制武装集団(アレッポ・ファトフ軍作戦司令室)がアレッポ市旧市街で交戦する一方、戦闘機およびヘリコプターが、ブアイディーン地区、ハラク地区、インザーラート地区、ジャンドゥール交差点一帯、サーフール地区、スッカリー地区、カーディー・アスカル交差点一帯、カフルハムラ村各所、アナダーン市を空爆した。

これに対して、アレッポ・ファトフ軍作戦司令室がアレッポ市ファイイド地区を、ファトフ軍がシリア政府支配下のヌッブル市、ザフラー町を砲撃した。

クッルナー・シュラカー(9月26日付)によると、ロシア軍、シリア軍の空爆で少なくとも30人(女性、子供を含む)が死亡したという。

https://twitter.com/petolucem, September 27, 2016

https://twitter.com/petolucem, September 27, 2016

**

NATOのヤンス・ストルテンベルグ事務総長は、スロバキアの首都ブラチスラヴァで開催中のEU国防大臣会合で、シリア情勢に関して、アレッポ市に対するロシア軍とシリア軍の攻撃は「道義的に受け入れられず」、「国際法へのあからさまな違反」だと述べ、ロシアに停戦に向け「信頼ある取り組み」を再開するよう呼びかけた。

AFP, September 27, 2016、AP, September 27, 2016、ARA News, September 27, 2016、Champress, September 27, 2016、al-Hayat, September 28, 2016、Iraqi News, September 27, 2016、Kull-na Shuraka’, September 27, 2016、al-Mada Press, September 27, 2016、Naharnet, September 27, 2016、NNA, September 27, 2016、Reuters, September 27, 2016、SANA, September 27, 2016、UPI, September 27, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.