2011年3月23日のシリア情勢

ダルアー市での反体制運動をめぐる動き

ダルアー県では、複数の通信社が人権活動から得た情報によると、ダルアー市のウマリー・モスク前で座り込みを行う人々とデモ犠牲者の葬儀に参列した人々に治安部隊が発砲し、少なくとも15人が死亡した。

この二つの事件に関して、SANA(3月23日付)は公式筋の話として、「外国勢力」が「嘘を放送」し「虐殺が行われたと主張」することで、市民を煽動しようとしている、と報じた。同報道によると、「武装集団」がウマリー・モスク近くで救急車に乗った医療スタッフを襲撃し、医師1人、衛生士1人、救急車ドライバー1人を殺害した。これに対して現場近くの治安部隊が応戦し、武装集団の多くを負傷させ、数人を逮捕したが、その際兵士1人が殉職した。また武装部隊が「ダルアー市で市民を脅迫し、殺戮、窃盗、放火を行う武装集団の追跡を行った」としたうえで、武装集団がウマリー・モスク内に武器弾薬を隠し、子供たちを誘拐し「人間の盾」として利用したと報じた。

またシリア・アラブ・テレビは押収した武器、爆弾、装備を公開し、それらがモスクで発見されたと報じた。しかし活動家らは、デモが平和的で武器は存在してないと反論している。一方、SANA(3月23日付)によると、「外国勢力がダルアーの状況に関して嘘を広め…、住民を扇動、脅迫しようとした。しかし住民は武装集団を追跡する治安部隊と協力している」。公式筋が伝えたところによると、「100万通以上の携帯電話のメッセージが外国から送られてきた。そのほとんどがイスラエルから発信されており、シリア人に、モスクを利用して暴動を行うよう呼びかけていた」。

しかし活動家らは、治安部隊がモスクで座り込みをする人々を排除するために攻撃したと非難した。ある人権活動家はAFP(3月23日付)に「シリアの治安部隊がウマリー・モスク前で座り込みを行う人々に対して早朝に行った攻撃による死者は6人で、その内訳は女性2人、幼児1人、医師1人、治安部隊隊員2人である」と語った。また早朝に殺害された犠牲者の葬儀から戻る途中で「参列者に治安部隊が発砲して6人が殺された」と述べた。一方、別の活動家によると、「ウマリー・モスク前で13人が死亡し、そのうちの少なくとも5、6人が参列者に対する攻撃の犠牲者である」という。さらにもう一人の活動家は、死者が「ダルアー市で11人、近隣の村々で2人」と述べた。一方、目撃者によると、早朝に民間人が殺害されたのを受け、住民と連帯するために北部からダルアー市内に行進してきた若者数百人に対して、治安部隊が発砲した。

また活動からはシリア公式筋の報道を否定し、電話回線、電気が攻撃前に遮断されたと指摘し、シリア治安部隊がダルアー市内のウマリー・モスク前で座り込みを行う人々を排除するため攻撃したと非難、犠牲者の一部の氏名を公表した――「アリー・マハーミード博士、ターヒル・ムサーラマ氏、マーヒル・ムサーラマ氏、ウマル・アブドゥルワーリー・ムサーラマ氏、ムサーラマ氏(女性、名前は不明)、マーリク・アクラード氏、アシュラフ・ミスリー氏、アリー・ラワーシド氏、ハーティム・マハーミード氏、アブー・ヌブード氏(女性、名前は不明)」。

住民の一人によると、犠牲者のなかに、アリー・ガッサーブ・マハーミード氏も含まれているという。同氏はダルアー市の名望家出の医師で、早朝に発生した攻撃での負傷者治療を支援するため旧市街のモスクへ向かっていた。

**

なお、複数の消息筋によると、ダルアー市で自由を求めるデモが発生し、数百人が参加した。ダルアー市のデモはウマリー・モスク前で行われたが、治安部隊が強制排除に乗り出し、「デモ参加者はモスクに退散した」。シリア人権監視団によるとデモ参加者の数は1,000人に達した。

**

また複数の消息筋によると、ナワー市でも自由を求めるデモが発生し、数百人が参加した。

反体制運動をめぐるその他の動き

国内の反体制活動家がダルアー市などでの反体制運動に対する武力弾圧を非難する声明を出す。声明は「シリア国民への声明」と題され、「シリア国民の権利、そして自由、公正、民主主義を求める若者の平和的インティファーダに対する弾圧行為」を非難し、アサド政権に、戒厳令解除、政治犯釈放、一般的自由の保障、複数政党制の実現、汚職撲滅などを実現するための早急な改革を求める。

声明にはハイサム・マーリフ、ジャウダト・サイード氏、マアーッズ・ハティーブ・ハサニー、ガッサーン・ナッジャール、ダアド・ムーサー、ムハンマド・アンマール、ヤースィル・アイティーが署名。

**

複数の弁護士たちが明らかにしたところによると、当局はダマスカスの内務省本舎前で先週政治犯釈放を求めて行われた平和的デモの参加者6人を釈放した

**

アサド大統領のいとこで亡命中のリーバール・アサド氏(民主主義・自由のための機構代表)は、「アサド政権には改革か、崩壊しか選択肢はない」と述べる。

**

シリア・ムスリム同胞団のアリー・サドルッディーン・バヤーヌーニー前最高監督者は『シャルク・アウサト』(3月23日付)の電話取材に応え、「エジプト、チュニジア、リビアで革命を発生させた要因はシリアにも存在する。自由の欠如、専制、腐敗、貧困、失業はシリアにも存在する。また反体制活動家の逮捕も続いている。改革の約束は全く実現されてない」としたうえで、「改革はシリアではあまりに遅れている。国民の前には現状に対するインティファーダしかない。改革要求が実現するまで各都市での民衆のインティファーダは止まないだろう」と述べる。

**

治安当局はアフマド・アブ・ハイイル(本名アフマド・ムハンマド・フザイファ)氏(バーニヤース市出身、ダマスカス・イスラーム・ファトフ学院学生)をダマスカスの自宅で逮捕した。フェイスブックを通じてダルアー市での反体制デモを支持する活動を行ったのが逮捕の理由。

**

治安当局は人権活動家のマーズィン・ダルウィーシュ氏を尋問のち逮捕。

**

シリア・クルド人権委員会、シリア民主的自由人権擁護諸委員会、シリア・クルド人権・一般的自由擁護機構(DAD)、シリア人権機構(Maf)は共同声明を出し、3月半ば以来の活動家らの逮捕を非難、釈放を求める。

アサド政権の動き

シリア・アラブ・テレビはアサド大統領が法令第120号(2011年3月23日)を発令しダルアー県のファイサル・クルスーム県知事を解任したと発表した。DPIなど複数のメディアが3月20日にすでに解任したとの報道を流していた。

Defence Syria, March 20, 2011

Defence Syria, March 20, 2011

4. 諸外国の動き

国連の潘基文事務総長は、ダルアー市での「平和的デモ参加者に対する暴力」を批判した。またマーティン・ネシルキー国連報道官は「この虐殺に対する透明性のある調査が行い、その責任者が追求されねばならない」と述べた。そのうえで「事務総長はシリア政府に対して、力の行使を止め、平和的集会の権利をはじめとする人権に関する国際的な誓約を遵守するよう呼びかける…。またシリア政府は、市民保護の義務を履行し、国民の合法的な要求に対して、対話と改革を通じて責任をもって答えるよう求める」と述べた。

**

フランスはダマスカスに対して、延滞のない政治改革の実施と人権尊重を呼びかけた。またダルアー市での犠牲者に関する調査、抗議行動参加者の釈放を求め、「過剰な力の行使」は停止されねばならない、との意思を表明した。

**

米国務省によると、米国はシリアの治安部隊がダルアー市民に対して行使した暴力に懸念を表明し、その行為を非難した。

AFP, March 23, 2011, Akhbār al-Sharq, March 23, 2011, March 24, 2011、al-Ḥayāgt, March 24, 2011、 Kull-nā Shurakā’, March 23, 2011、Reuters, March 23, 2011、SANA, March 23, 2011, March 24, 2011、al-Sharq al-Awsāṭ, March 23, 2011などをもとに作成。

(C)青山弘之All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク