シリア軍が緊張緩和地帯に設置されたヒムス県北部を空爆、ロシア軍憲兵隊も一時避難(2017年8月10日)

ヒムス県では、クッルナー・シュラカー(8月10日付)によると、シリア軍戦闘機が、緊張緩和地帯に設定されたハウラ地方一帯を空爆、ダール・カビーラ通行所に進駐していたロシア憲兵隊が一時避難した。

**

ダマスカス郊外県では、クッルナー・シュラカー(8月10日付)によると、ラフマーン軍団がアイン・タルマー村でシリア軍を要撃し、兵士20人以上を殺害したと発表した。

Kull-na Shuraka’, August 10, 2017

これに対し、シリア軍はハムーリーヤ市、アイン・タルマー村一帯、ジャウバル区を激しく砲撃した。

**

ハマー県では、『ハヤート』(8月11日付)によると、シリア軍が県北部のムーリク市一帯を砲撃した。

**

ダルアー県ではシリア人権監視団によると、シリア軍はイーブ村を砲撃した。

AFP, August 10, 2017、AP, August 10, 2017、ARA News, August 10, 2017、Champress, August 10, 2017、al-Hayat, August 11, 2017、Kull-na Shuraka’, August 10, 2017、al-Mada Press, August 10, 2017、Naharnet, August 10, 2017、NNA, August 10, 2017、Reuters, August 10, 2017、SANA, August 10, 2017、UPI, August 10, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク