各地で離反兵と軍・治安部隊の衝突が継続、英外相はシリアに対する軍事介入の意向がないことを明言(2011年10月19日)

反体制勢力掃討

各地で離反兵と軍・治安部隊の衝突が続いた。

これに関して『ハヤート』(10月20日付)は、複数の外交官、軍事評論家などの話を総合して、アサド政権の弾圧が増大する離反兵の掃討に対して重点的に行われているとしつつも、離反兵の多くが街道の検問所の警備にあたる下士官以下の兵士で、その規模も大規模ではないと指摘した。

**

『ハヤート』(10月20日付)が「鼓動する革命の心臓」*と評したヒムス県では、自由シリア軍ウマル・ブン・ハッターブ大隊がフェイスブック上に声明を出し、「シリア…レバノン国境のジュースィーヤ村(クサイル市近郊)で装甲車1輌を破壊した」と発表した。またジュースィーヤ村入口でシリア国軍兵士30人が戦車4輌とともに離反し、軍と戦闘を行い、軍側に約40人の死者が出たと述べた。

シリア人権監視団によると、同村で軍・治安部隊と離反兵の衝突の巻き添えとなり、少女2人が死亡し、4人が負傷した。

シリア人権監視団によると、レバノン国境近くのニザーリーヤ村で軍・治安部隊と離反兵が戦闘、民間人2人が巻き添えとなり死亡した。

これに対してSANA(10月20日付)は、クサイル地域ジュースィーヤ村で「武装テロ集団」の住宅を襲撃し、女性3人を殺害したと報じた。目撃者によると同集団はRPG弾などで武装、家々に向かって発射していたという。

ヒムス市では、軍・治安部隊と離反兵との激しい戦闘が発生し、3日間の死者総数は少なくとも38人に達した。

複数の目撃者によると、マーヒル・アサド大佐が率いる共和国護衛隊と第4師団の兵士数千人がヒムス市東部郊外で掃討作戦を展開し、離反兵・士官の逮捕・追跡を行った。

シリア人権監視団によると、ナーズィヒーン地区で市民がシャッビーハ、軍・治安部隊に襲撃され、4人が殺害、5人が負傷した。またバーブ・ドゥライブ地区でも1人が殺害され、ハーリディーヤ地区では5人が負傷した。

これに対して、SANA(10月20日付)は、警察・治安当局がヒムス市の武装テロ集団を追跡し、「テロリスト」のアドナーン・ブータ氏、ヤースィーン・カッドゥール氏、そして「アブー・シャーム」を名乗るグループを逮捕したと報じた。またグータ地区で車に積まれた大量の武器弾薬を押収したと報じた。

複数の反体制勢力筋によると、ラスタン市でも、離反兵に対して軍・治安部隊が攻撃を加え、離反兵ら約100人が殺害された。

シリア人権監視団によると、クサイル市で、1人が殺害、1人が逮捕、9人が負傷した。

シリア人権監視団によると、アルジューン市で1人が殺害され、5人が負傷した。

シリア人権監視団によると、ワッダーン村で2人が負傷した。

**

ダルアー県では、シリア人権監視団などによると、フラーク市で兵士20人が離反し、軍・治安部隊と衝突した。これに先だって、軍・治安部隊は同村のデモ参加者3人を殺害、アブー・バクル・モスクのイマームで反体制デモを指導してきたシャイフのワジーフ・カッダーフを逮捕した。

**

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、軍・治安部隊兵士4人が殺害された。

SANA, October 19, 2011

SANA, October 19, 2011

SANA, October 19, 2011

SANA, October 19, 2011

また複数の活動家によると、サラーキブ市で、アレッポ市での親体制行進に対抗する反体制デモが断行され、約3,000人が参加した。

アサド政権の動き

アレッポ県アレッポ市では、サアドゥッラー・ジャービリー広場(サアドゥッラー・ジャービリー地区)に「数千人」(『ハヤート』10月20日付)が集まり「百万人行進」を行い、外国の干渉拒否、バッシャール・アサド政権の改革支持、ロシアと中国のシリア支持の姿勢支持を訴えた。

**

『サウラ』(10月19日付)は、社説で、アラブ連盟が、「破壊行為」を行う外国勢力の「敵対的」アジェンダに従って行動することで、アラブの国益に反している、と痛烈な批判を展開した。

SANA, October 19, 2011

SANA, October 19, 2011

**

マアン・ハイダル・ラジオ・テレビ機構会長が情報省次官に異動となった。ハイダル氏はラーミー・マフルーフ氏が経営していたニーナール・チャンネルの会計責任者だった。

 

諸外国の動き

北アフリカ諸国訪問中の英国のウィリアム・ヘイグ外務大臣は記者団に対して、「私はシリアに対する魔法の圧力手段を持っているふりをしたくない。我々にはリビアで行った以下の圧力手段しかないし、軍事介入も支持しない」としたうえで、シリア国民評議会の承認に関して「我々はまだその段階に達していない」と答えた。

**

フランス外務省は声明を出し、シリア軍によるレバノン領内(レバノンのベカーア県ヘルメル郡カーア地区)で行われたとされる反対勢力掃討作戦を強く非難し、レバノンの主権と独立を尊重するよう求めた。

**

トルコの農業銀行(国営)はシリアとの共同プロジェクトを破棄すると発表した。同行は2010年12月にシリアの銀行との協業関係強化に乗りだし、2011年までに50%以上のシェア確保をめざしていた。

**

 

米当局は、スパイ容疑で起訴されているシリア人ムハンマド・スワイド氏を自宅軟禁措置を講じる決定を下した。

**

リビアの暫定国民評議会は、シリア国民評議会を「シリアの正当な政府」として公式に承認した。

AFP, October 19, 2011、Akhbar al-Sharq, October 19, 2011、al-Hayat, October 20, 2011、Kull-na Shuraka’, October 19, 2011、Reuters, October
19, 2011、SANA, October 20, 2011などをもとに作成。

(C)青山弘之All rights reserved.