シリア・イスラーム評議会はイドリブ県の武装集団にシリア軍との決戦に備えるよう呼びかける、サウジ人説教師はシリアからの逃走を否定(2018年7月17日)

トルコで活動するシリア・イスラーム評議会は声明を出し、イドリブ県で活動する反体制武装集団に対してシリア軍との決戦の準備をするよう呼びかけるとともに、トルコ政府にシリア軍の進攻を阻止するための断固たる姿勢をとるよう求めた。

al-Durar al-Shamiya, July 17, 2018

al-Durar al-Shamiya, July 17, 2018

**

シャーム解放機構幹部メンバーの一人でサウジアラビア人説教師のアウドゥッラー・ムハイスィニー氏はテレグラムのアカウントを通じてビデオ声明を配信、自身をはじめとする外国人戦闘員(ムハージリーン)がイドリブ県へのシリア軍の進攻を前に逃走したとの一部情報を否定した。

AFP, July 17, 2018、ANHA, July 17, 2018、AP, July 17, 2018、al-Durar al-Shamiya, July 17, 2018、al-Hayat, July 18, 2018、Reuters, July 17, 2018、SANA, July 17, 2018、UPI, July 17, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク