ダイル・ザウル県でシリア軍がユーフラテス川を渡河、東岸でYPG主体のシリア民主軍と激しく交戦(2019年8月5日)

ダイル・ザウル県では、ドゥラル・シャーミーヤ(8月5日付)が複数の現地情報筋の話として伝えたところによると、タヤーナ村でシリア軍と人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が激しく交戦した。

戦闘は、シリア軍がユーフラテス川西岸のクーリーヤ市から東岸に渡河し、北・東シリア自治局支配下のタヤーナ村にある浄水施設に向かった進軍を試みたために発生した。

これによりシリア民主軍が保有する米国製のハマー・ジープ1輌がシリア軍のミサイルによって破壊され、双方の兵士複数人が死傷した。

AFP, August 5, 2019、ANHA, August 5, 2019、AP, August 5, 2019、al-Durar al-Shamiya, August 5, 2019、Reuters, August 5, 2019、SANA, August 5, 2019、SOHR, August 5, 2019、UPI, August 5, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク