シリア・ロシア軍はアレッポ県、イドリブ県への爆撃・砲撃を再開し、住民多数が死傷、トルコ軍はM4高速道路沿線に新たな拠点を設置(2020年2月9日)

アレッポ県では、SANA(2月9日付)によると、シリア軍がシャーム解放機構などからなる反体制武装集団と戦闘の末、M5高速道路西のバウワービーヤ村、カスィービーヤ村、タッル・ハディーヤ村、ズィルバ村、バルクーム村、ICARDA地区を制圧した。

ICARDA地区についてはシリア人権監視団が8日にシリア軍によって制圧されたと発表していた。


一方、シリア人権監視団によると、ロシア軍戦闘機がカフル・ヌーラーン村、シャイフ・アリー村、アウラム・クブラー町を爆撃し、カフルヌーラーン村では女性1人を含む2人が、シャイフ・アリー村では2人が、アウラム・クブラー町では3人が死亡した。

ロシア軍戦闘機はまた、カフル・ハラブ村、アターリブ市、ズィルバ村、第46中隊基地、カフルナーハー村一帯、マンスーラ村を爆撃した。

シリア軍もシャイフ・アリー村でヘリコプターから「樽爆弾」を投下し、子ども1人を含む住民4人が死亡した。

シリア軍戦闘機も、ズィルバ村、ハーン・アサル村、M5高速道路沿線一帯を爆撃、ヘリコプターもズィルバ村に「樽爆弾」を投下した。

**

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がジスル・シュグール市を砲撃し、住民1人が死亡した。

シリア軍はまた、マルジュ・ズフール村、ズアイニーヤ村、ハムブーシーヤ村、ビダーマー町一帯を砲撃した。

ロシア軍戦闘機も、タフタナーズ市、シャラフ村、マアーッラト・ナアサーン村を爆撃した。

シリア軍戦闘機もタフタナーズ市、マアーッラト・ナアサーン村を投下した。

一方、トルコ軍の装甲車、戦車など約100輌からなる車列が新たにシリア領内に進入し、M4高速道路沿線のクマイナース村に新たな拠点を設置した。

同監視団によると、この1週間でシリア領内に派遣されたトルコ軍の車輌は1,450輌以上、兵員は約6,000人にのぼるという。

**

ロシア国防省は声明を出し、過去24時間で「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を20件(イドリブ県8件、ラタキア県10件、アレッポ県0件、ハマー県2件)確認したと発表した。

トルコ側の監視チームは停戦違反を3件(イドリブ県3件、ラタキア県0件、アレッポ県0件、ハマー県0件)確認した。

AFP, February 9, 2020、ANHA, February 9, 2020、AP, February 9, 2020、al-Durar al-Shamiya, February 9, 2020、Ministry of Defence of the Russian Federation, February 9, 2020、Reuters, February 9, 2020、SANA, February 9, 2020、SOHR, February 9, 2020、UPI, February 9, 2020などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク