シリア軍増援部隊がラッカ県アイン・イーサー市近郊のトルコ占領地境界地帯に展開(2020年2月24日)

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍の装甲車、戦車など120輌からなる増援部隊が、シリア政府の支配下にあるアイン・イーサー市近郊に派遣され、トルコ占領地の境界地帯に展開した。

**

アレッポ県では、ANHA(2月24日付)によると、トルコ軍とその支援を受ける国民軍が北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にアルタッル・リフアト市近郊のカイルータ村、ブルジュ・カース村、クーワンダ・マザン村、ダイル・ジュマイイル村を砲撃し、女性1人が市棒、男性1人が負傷した。

一方、シリア人権監視団によると、トルコ占領下のバーブ市で車に仕掛けられいた爆弾が爆発した。

このほか、ロシア軍とトルコ軍は、アイン・アラブー市一帯の国境地帯で合同パトロールを実施した。

AFP, February 24, 2020、ANHA, February 24, 2020、AP, February 24, 2020、al-Durar al-Shamiya, February 24, 2020、Reuters, February 24, 2020、SANA, February 24, 2020、SOHR, February 24, 2020、UPI, February 24, 2020などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.