ロシア軍の仲介でシリア政府と北・東シリア自治局の代表がハサカ市、カーミシュリー市の緊張緩和に向けて協議するも物別れに(2021年2月15日)

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、シリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるラッカ市で、ロシア軍の仲介のもとに双方の代表が会合を開き、ハサカ県ハサカ市とカーミシュリー市での国防隊と人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍・内務治安部隊(アサーイシュ)の緊張緩和に向けて意見を交わしたが、合意に至らず物別れに終わった。

**

一方、スプートニク・ニュース(2月15日付)は、シリア民主軍の使節団が最近になって、軍事・経済関連の問題、とりわけ石油と穀物をめぐる問題に対処するために、首都ダマスカスを頻繁に訪問していると伝えた。

首都ダマスカスを訪問しているのは、シリア民主軍の政治母体であるシリア民主評議会のイルハーム・アフマド執行委員会共同議長、北・東シリア自治局の経済石油関連の責任者のムハンマド・ウマル氏ら。

AFP, February 15, 2021、ANHA, February 15, 2021、al-Durar al-Shamiya, February 15, 2021、Reuters, February 15, 2021、SANA, February 15, 2021、SOHR, February 15, 2021、Sputnik News, February 15, 2021などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.