シリア軍がトルコ占領下のアレッポ県を砲撃する一方、トルコ軍はドローンでハサカ県を爆撃し子供らを殺傷(2022年2月9日)

アレッポ県では、ANHA(2月9日付)によると、シリア軍が政府支配地とトルコ占領地を隔てるアブー・ザンディーン村通行所(トルコ占領下)を狙って砲撃を行った。


この砲撃で、シリア国民軍の戦闘員4人が負傷した(シリア人権監視団によると、1人が死亡)。

これに対して、トルコ軍とシリア国民軍は、シリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるマンビジュ市北西のサイヤーダ村、、アラブ・ハサン村、トルコ占領下のバーブ市の東に位置するシャイフ・ナースィル(クルト・ワイラーン)村、カーウカリー村、ブーガーズ村を砲撃した。

これの砲撃で、アラブ・ハサン村で女性2人が負傷した。

トルコ軍とシリア国民軍はまた、シリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるタッル・リフアト市近郊のスムーキーヤ村、シャフバー・ダム、ナーイフ山を砲撃した。

**

ハサカ県では、ANHA(2月9日付)によると、トルコ軍とシリア国民軍がシリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるアブー・ラースィーン(ザルカーン)町北のタッル・ズィヤーブ村を砲撃した。

トルコ軍はまた、無人航空機(ドローン)でアームーダー市とダルバースィーヤ市を結ぶ街道沿線のバヒーラ村で車1台を爆撃した。

この爆撃で車に乗っていた、11歳の子供1人が死亡、3人が負傷した(シリア人権監視団によると、子供2人が死亡、子供3人が負傷)。

また、この爆撃で送電線が破壊され、アームーダー市一帯の40カ村への電力供給が停止した。

トルコ軍はさらに、ダルバースィーヤ市からアームーダー市に向かっていた車1台に対してハルザ村近くで機銃掃射した。

AFP, February 9, 2022、ANHA, February 9, 2022、al-Durar al-Shamiya, February 9, 2022、Reuters, February 9, 2022、SANA, February 9, 2022、SOHR, February 9, 2022などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.