イスラーム国(ダーイシュ)をめぐる動き(2014年8月2日)

レバノン国内の動き

『ハヤート』(8月3日付)、ナハールネット(8月2日付)などは、レバノン軍が、ベカーア県バアルベック郡アルサール村郊外の無人地帯に設置された検問所で、シリア人のイマード・アフマド・ジュムア氏を逮捕し、その後の取り調べで、シャームの民のヌスラ戦線メンバーだと判明したと報じた。

ナハールネット(8月2日付)によると、ジュムア氏(シリア人)は、ヌスラ戦線のメンバーではなく、イスラームの暁大隊の司令官として、ヒムス県クサイル市の攻防戦に参加、その後ダマスカス郊外県カラムーン地方を拠点に反体制武装闘争を続け、最近ではベカーア県に入り、同地の武装集団を支援してきたという。

またジュムア氏が率いるイスラームの暁大隊は、7月20日付のビデオ声明(http://www.youtube.com/watch?v=tQB-pJEBOOg)で、ダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓っていた。

Naharnet, August 2, 2014

Naharnet, August 2, 2014

またジュムア氏逮捕を受け、覆面をしたシリア人武装集団が午後、アルサール村郊外のマスヤダ地区、ワーディー・フマイイド地区にあるレバノン軍検問所、内務治安郡総局などを襲撃し、内務治安郡総局隊員ら複数名を拉致した。

Naharnet, August 2, 2014

Naharnet, August 2, 2014

 

また武装集団は、レバノン軍と交戦し、兵士2人を含む7人が死亡し、多数が負傷した。

一方、レバノン軍はアルサール村方面にヘリコプターなどを派遣、また武装集団に対して砲撃を加え、同日晩にはマスヤダ地区の検問所を奪還し、ワーディー・フマイイド方面に進軍した。

シリア国内の動き

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、カラムーン地方の無人地帯(対レバノン国境地帯)で、軍、国防隊、ヒズブッラー戦闘員が、シャームの民のヌスラ戦線、ダーイシュ(イスラーム国)などからなるジハード主義武装集団と交戦した。

同監視団のラーミー・アブドゥッラフマーン代表によると、この戦闘で軍側は、「ヌスラ戦線とダーイシュ(イスラーム国)」の戦闘員を要撃し、50人以上を殲滅したという。

一方、カラムーン広報局によると、シャーム自由人イスラーム運動、イスラーム軍、ムハンマドの鷹大隊、ヌスラ戦線、第11師団特殊部隊、外国人旅団、ハビーブ・ムスタファー旅団、カラムーン自由人大隊、フーシュ・アラブ殉教者連合、スンナの獅子大隊は、「カラムーン諸都市解放の戦い」を開始し、ジュッバ町周辺の軍検問所4カ所を攻撃・破壊し、軍側の兵士・戦闘員7人(うちヒズブッラー戦闘員4人)を殺害、またシリア軍戦闘機を撃墜した。

またシリア人権監視団によると、ダイル・アティーヤ市周辺の軍、ヒズブッラー戦闘員の検問所複数カ所を反体制武装集団が襲撃した。

他方、SANA(8月2日付)によると、レバノン国境に近いカラムーン地方無人地帯(ジュッバ町郊外の農場)およびザバダーニー市郊外の無人地帯で、シリア軍がレバノン領から潜入しようとしたシャームの民のヌスラ戦線の外国人戦闘員を迎撃、殲滅した。

またムライハ市北部・東部郊外、ナシャービーヤ農場、アーリヤ農場、アドラー市旧市街、ハーン・シャイフ・キャンプ郊外、マガッル・ミール市、シャイフ・アブドゥッラー農場で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)がシュアイタート部族民兵との戦闘の末、アブー・ハマーム市、キシュキーヤ町、ガラーニージュ市から撤退した。

これに関して、シリア革命反体制勢力国民連立は声明を出し、ダイル・ザウルの部族革命家が「勝利を祝っている」と発表した。

イラク国内の動き

サラーフッディーン県では、マダー・プレス(8月2日付)によると、マダー・プレス(8月2日付)によると、トゥーズ郡のハバシュ村、ヤンカジャ村、サラーム村、アムーハサン市のダーイシュ(イスラーム国)拠点をイラク軍が空爆した。

一方、ダーイシュは、アイン・ザーラ油田とバトマ油田を制圧した。

このほか、バイジ製油所近郊をイラク軍が空爆し、ダーイシュ(イスラーム国)の車輌4輌を破壊した。

またダーイシュが拠点として使用しているアラム地方警察署をイラク軍が空爆したが、隣接する住居などが被弾し、女性と子供合わせて4人が死亡、また義勇兵9人も負傷した。

**

アンバール県では、マダー・プレス(8月2日付)によると、ラマーディー市西部のハディーサ郡にあるダーイシュ(イスラーム国)の拠点をイラク軍が攻撃し、ダーイシュの「最重要」司令官8人を殺害した。

殺害された司令官8人は、ムハンマド・ムスリム・ラーウィー氏、ヤースィーン・ナージフ・ラーウィー氏、アミーン・ビラール・ラーウィー氏、アフマド・マフディー・ラーウィー氏、ハーリド・ハサン・ラーウィー氏ら。

**

ディヤラ県では、マダー・プレス(8月2日付)によると、ヤアクーバ市北東部をイラク軍が空爆し、ダーイシュ(イスラーム国)戦闘員50人を殺害した。

**

バービル県では、マダー・プレス(8月2日付)によると、イラク軍がジュルフ・サフル地方を空爆し、ダーイシュ(イスラーム国)戦闘員55人を殺害した。

AFP, August 2, 2014、AP, August 2, 2014、ARA News, August 2, 2014、Champress, August 2, 2014、al-Hayat, August 3, 2014、Kull-na Shuraka’, August 2, 2014、al-Mada Press, August 2, 2014、Naharnet, August 2, 2014、NNA, August 2, 2014、Reuters, August 2, 2014、SANA, August 2, 2014、UPI, August 2, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: イラクの動き, シリア政府の動き, レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク