シリア政府の動き:外務省はペシュメルガのアイン・アラブ入りに関して、トルコの主権侵害と非難(2014年10月30日)

外務在外居住者省は、アレッポ革命軍事評議会前議長のアブドゥルジャッバール・アカイディー大佐率いる反体制武装部隊(自由シリア軍)やイラク・クルディスタン地域のペシュメルガ戦闘員のアイン・アラブ市への進軍に関して声明を出し、「アイン・アラブ一帯のシリア国境を侵害し、外国軍やテロリストをシリア領内の潜入させる役割を…トルコが担っていることを改めて確認させるもの」と指弾し、「あからさまな主権侵害」と批判した。

AFP, October 30, 2014、AP, October 30, 2014、ARA News, October 30, 2014、Champress, October 30, 2014、al-Hayat, October 31, 2014、Kull-na Shuraka’, October 30, 2014、al-Mada Press, October 30, 2014、Naharnet, October 30, 2014、NNA, October 30, 2014、Reuters, October 30, 2014、SANA, October 30, 2014、UPI, October 30, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク