イスラーム国をめぐる動き:ダーイシュがダイル・ザウル軍事飛行場に進軍2014年12月4日)

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)がダイル・ザウル航空基地周辺の廃墟となったビルに対して、爆弾を積んだ車を突撃させて爆破し、シリア軍兵士および国防隊隊員19人が死亡した。

ARA News(12月4日付)によると、この戦闘で、ダーイシュは、ダイル・ザウル航空基地周辺のシリア軍拠点複数カ所を制圧した。

またクッルナー・シュラカー(12月4日付)によると、ダーイシュはダイル・ザウル航空基地外壁に面するマリーイーヤ村、ジャフラ村で捕捉したシリア軍士官を斬首した。

これに対して、シリア軍は同飛行場周辺、フジャイワト・サクル地区などを空爆・砲撃、またダーイシュとフジャイワト・サクル地区、マリーイーヤ村で交戦し、ダーイシュ戦闘員7人を殺害した。

戦闘はこのほか、ダイル・ザウル市ラシュディーヤ地区でも発生した。

一方、SANA(12月4日付)によると、ダイル・ザウル市フワイジャト・サクル地区、マリーイーヤ村で、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、ダーイシュ(イスラーム国)の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、ハサカ市・タッル・タムル町間の街道で、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊がダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、アジア系戦闘員1人が死亡した。

またARA News(12月4日付)によると、ハサカ市郊外のアブドゥルアズィーズ山一帯などをシリア軍が砲撃する一方、シリア軍、国防隊がダーイシュ(イスラーム国)と交戦した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、アイン・アラブ市ブーターン地区・アーザーディー広場戦線、同市南部で、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊がダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、ダーイシュ戦闘員10人、人民防衛隊隊員1人が死亡した。

両者の戦闘はまた、ハール市場地区、市庁舎一帯、治安厳戒地区などでも発生した。

一方、米国など有志連合は、アイン・アラブ市一帯に対して10回にわたって空爆を行った。

AFP, December 4, 2014、AP, December 4, 2014、ARA News, December 4, 2014、Champress, December 4, 2014、al-Hayat, December 5, 2014、Kull-na Shuraka’, December 4, 2014、al-Mada Press, December 4, 2014、Naharnet, December 4, 2014、NNA, December 4, 2014、Reuters, December 4, 2014、SANA, December 4, 2014、UPI, December 4, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク