ダーイシュ(イスラーム国)が拉致したハサカ県住民(アッシリア教徒)220人のうち、29人の釈放を決定、15人を処刑(2015年2月28日)

シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)のシャリーア法廷は、ハサカ県タッル・シャーミーラーン村一帯で拉致した住民(アッシリア教徒)約220人のうちの29人釈放を決定した。

しかし、アッシリア協会連合(在トルコ)は声明を出し、ハサカ県タッル・タムル町でダーイシュ(イスラーム国)がアッシリア教徒少なくとも15人を処刑したと発表した。

AFP, February 28, 2015、AP, February 28, 2015、ARA News, February 28, 2015、Champress, February 28, 2015、al-Hayat, March 1, 2015、Iraqi News, February 28, 2015、Kull-na Shuraka’, February 28, 2015、al-Mada Press, February 28, 2015、Naharnet, February 28, 2015、NNA, February 28, 2015、Reuters, February 28, 2015、SANA, February 28, 2015、UPI, February 28, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク