YPGがタッル・ブラーク市からダーイシュ(イスラーム国)を掃討(2015年2月28日)

ハサカ県では、ARA News(2月28日付)によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊が、ダーイシュ(イスラーム国)の支配下にあったタッル・ブラーク町に進軍、同地を制圧した。

ダーイシュとの交戦はほとんどなく、彼らはスマイハーン村、ウンム・リーシュ村に撤退した。

 

なお作戦には、アラブ部族の民兵組織「サナーディード軍」が参加した。

**

 ラッカ県では、ARA News(2月28日付)によると、ラッカ市でダーイシュ(イスラーム国)が男性1人をむち打ちの刑に処し、殺害した。

**

ダイル・ザウル県では、クッルナー・シュラカー(2月28日付)によると、シリア軍がダイル・ザウル市内のダーイシュ(イスラーム国)支配地区へのすべての水上輸送路を閉鎖した。

AFP, February 28, 2015、AP, February 28, 2015、ARA News, February 28, 2015、March 1, 2015、Champress, February 28, 2015、al-Hayat, March 1, 2015、Iraqi News, February 28, 2015、Kull-na Shuraka’, February 28, 2015、al-Mada Press, February 28, 2015、Naharnet, February 28, 2015、NNA, February 28, 2015、Reuters, February 28, 2015、SANA, February 28, 2015、UPI, February 28, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク