シリア国民連合はアル=カーイダ系武装集団のジスル・シュグール市制圧に「真の共感」を表明(2015年4月26日)

シリア革命反体制勢力国民連立のハーリド・ハウジャ代表は声明を出し、アル=カーイダ系武装集団(ファトフ軍作戦司令室)によるジスル・シュグール市(イドリブ県)の制圧に関して、「支援調整レベルにおいて真の共感が求められる」「シリア解放を加速させ得る」と賞賛した。

AFP, April 26, 2015、AP, April 26, 2015、ARA News, April 26, 2015、Champress, April 26, 2015、al-Hayat, April 27, 2015、Iraqi News, April 26, 2015、Kull-na Shuraka’, April 26, 2015、al-Mada Press, April 26, 2015、Naharnet, April 26, 2015、NNA, April 26, 2015、Reuters, April 26, 2015、SANA, April 26, 2015、UPI, April 26, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク