ヌスラ戦線が誘拐していたスウェーデン人2人を釈放、パレスチナ自治政府が仲介(2015年4月26日)

AFP(4月26日付)は、シャームの民のヌスラ戦線とされる武装集団に誘拐されていたスウェーデン人2人、トーマス・オルソン氏(50歳)とマーティン・リーン氏(33歳)が釈放されたと伝えた。

2人はヨルダンでの布教活動を行っていた2013年11月にシリアに入り、武装集団に拘束されていた。

これに関して、スウェーデンのマーゴット・ウォールストロム外務大臣は「断固として(人質釈放に)対処してくれたパレスチナ、そしてマフムード・アッバース大統領に個人的に謝辞を述べたい。またヨルダン当局にも同様に謝辞を述べたい」と述べ、人質釈放にパレスチナ自治政府とヨルダン政府が関与したことを認める一方、身代金の支払いはなかったと述べた。

またパレスチナ自治政府のフスニー・フライズ在スウェーデン大使は、2人を拉致したのがアル=カーイダ系のヌスラ戦線だとしたうえで、パレスチナ治安当局が2ヶ月以上にわたって釈放に向けて交渉を行ってきたことを認めた。

AFP, April 26, 2015、AP, April 26, 2015、ARA News, April 26, 2015、Champress, April 26, 2015、al-Hayat, April 27, 2015、Iraqi News, April 26, 2015、Kull-na Shuraka’, April 26, 2015、al-Mada Press, April 26, 2015、Naharnet, April 26, 2015、NNA, April 26, 2015、Reuters, April 26, 2015、SANA, April 26, 2015、UPI, April 26, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク