クナイトラ県で、アル=カーイダ系組織がダーイシュ(イスラーム国)系のジハード軍によって占拠されていたクナイトラ国境通行所を制圧(2015年4月30日)

クナイトラ県では、『ハヤート』(5月1日付)によると、アル=カーイダ系組織のシャーム自由人イスラーム運動とシャームの民のヌスラ戦線、そして自由シリア軍南部戦線が、ダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓うジハード軍との戦闘の末、クナイトラ国境通行所を制圧した。

またARA News(4月30日付)によると、シャーム自由人イスラーム運動、ヌスラ戦線、南部戦線は、ラワーディー村、ラスム・シューリー村、アドナーニーヤ村、カフターニーヤ村などジハード軍が占拠していたほとんどの地域を制圧したという。

**

一方、SANA(4月30日付)によると、ハミーディーヤ村で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, April 30, 2015、AP, April 30, 2015、ARA News, April 30, 2015、Champress, April 30, 2015、al-Hayat, May 1, 2015、Iraqi News, April 30, 2015、Kull-na Shuraka’, April 30, 2015、al-Mada Press, April 30, 2015、Naharnet, April 30, 2015、NNA, April 30, 2015、Reuters, April 30, 2015、SANA, April 30, 2015、UPI, April 30, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク