シリア軍がイドリブ県ジスル・シュグール市内の国立病院に籠城、アル=カーイダ系組織と交戦(2015年4月30日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、アル=カーイダ系組織からなるファトフ軍作戦司令室の戦闘員が、シリア軍兵士150人と民間人(数は不明)が籠城するジスル・シュグール市南西部にある国立病院への突入を試みたが、失敗した。

これに関して、複数の活動家は、シリア軍が民間人を「人間の盾」として利用し、アル=カーイダ系組織の侵入を阻止しようとしていると主張しているという。

ジスル・シュグール国立病院は、ファトフ軍作戦司令室によるジスル・シュグール市制圧後も、シリア軍が死守を続けている。

またシリア人権監視団によると、マストゥーマ軍事基地周辺、ビンニシュ市、ジスル・シュグール市郊外各所、マウザラ村、カフルバッティーフ村、カフルナブル市、クマイナース村、イフスィム村、ナイラブ村西部、イドリブ市などへのシリア軍の空爆およびシリア軍とファトフ軍作戦司令室の戦闘で、女性、子供、戦闘員ら24人が死亡した。

これに対して、ファトフ軍作戦司令室の戦闘員もシリア政府の支配下にあるフーア市を砲撃した。

一方、シリア人権監視団は、ファトフ軍作戦司令室がジスル・シュグール市およびその周辺で捕捉したシリア軍兵士、国防隊隊員、民間人(兵士らの家族)の数は200人にのぼると発表した。

この数は、シリア外務在外居住者省が国連に報告したイシュタブリク村でのファトフ軍作戦司令室による住民虐殺の死者数と同じ。

同監視団によると、ファトフ軍作戦司令室が捕捉している200人は、ジスル・シュグール市、イシュタブリク村で拘束され、現在消息は不明だという。

このほか、SANA(4月30日付)によると、カフルラーター、サルミーン市、ファイルーン村、煉瓦工場周辺、アファス、イドリブ市・マストゥーマ村回廊で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、シャームの民のヌスラ戦線などからなるファトフ軍作戦司令室の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

ファトフ軍作戦司令室はマストゥーマ村および同村に位置するマストゥーマ軍事基地解放に向けた作戦を開始したと発表した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がアレッポ市インザーラート地区、マイサル地区、サーフール地区、サラーフッディーン地区、ザフラー協会地区、フィルドゥース地区、ダイル・ハーフィルを「樽爆弾」などで空爆する一方、旧市街、ザフラー協会地区、アッザーン山などでシリア軍、バアス大隊、国防隊、ヒズブッラー戦闘員がシャームの民のヌスラ戦線などジハード主義武装集団と交戦した。

一方、SANA(4月30日付)によると、アレッポ市ジャンドゥール地区、カースティールー地区、旧市街、サーフールチック、ライラムーン地区、タナーニール広場地区、バーブ・ナスル地区、ブスターン・カスル地区、フィルドゥース地区、バニー・ザイド地区、アアザーズ市、カフルハムラ村、ダーラ・イッザ市、ハーン・アサル村、タッルアラン村で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、シャームの民のヌスラ戦線の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ラタキア県では、シリア人権監視団によると、サルマー町をシリア軍が「樽爆弾」などで攻撃、またワーディー・シャイフ・ムハンマド、ナビー・ユーヌス峰山頂一帯、カタフ・ガナマ村、カタフ・ジャルタ村、マリーシュード村でジハード主義武装集団と交戦した。

**

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、サアサア町で、シリア軍、国防隊がジハード主義武装集団と交戦した。

またハーン・シャイフ・キャンプ郊外の第137連隊基地一帯での戦闘で、ジハード主義武装集団戦闘員14人が死亡した。

**

ダルアー県では、SANA(4月30日付)によると、ダルアー市マンシヤ地区、Syriatelビル西部、アルバイーン庭園、郵便局周辺、旧税関地区、カラク地区などで、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、シャームの民のヌスラ戦線、南部タウヒード旅団、ハウラーン・ムジャーヒディーン大隊、スジャイル砲兵大隊の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、SANA(4月30日付)によると、ラスム・タウィール村、ラスム・サブア村、マヌーフ村、ウンム・サフリージュ村、ウンム・リーシュ村、ハリージャ村、タッル・ダハブ村、アクラブ町、ダイル・フール村、ラスタン市で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、シャームの民のヌスラ戦線、ヒムス軍団の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ハマー県では、SANA(4月30日付)によると、カストゥーン村、ハミーディーヤ村、フワイズ村、ラターミナ町で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、シャームの民のヌスラ戦線の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, April 30, 2015、AP, April 30, 2015、ARA News, April 30, 2015、Champress, April 30, 2015、al-Hayat, May 1, 2015、Iraqi News, April 30, 2015、Kull-na Shuraka’, April 30, 2015、May 1, 2015、al-Mada Press, April 30, 2015、Naharnet, April 30, 2015、NNA, April 30, 2015、Reuters, April 30, 2015、SANA, April 30, 2015、UPI, April 30, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク