シリア国民連合「イスラーム国(ダーイシュ)によるタドムル市制圧を利用して、アサド政権は革命勢力に打撃を与えようとしている」(2015年5月22日)

シリア革命反体制勢力国民連立は声明を出し、ダーイシュ(イスラーム国)によるタドムル市制圧に関して、「革命勢力」に打撃を与えるためにアサド政権がダーイシュを利用していると断じる一方、米国が主導する有志連合が「アサドとダーイシュのテロに対抗し得る唯一の勢力である自由シリア軍への支援と協調を通じて戦略を変更しない限り、失敗する」と主張した。


AFP, May 22, 2015、AP, May 22, 2015、ARA News, May 22, 2015、Champress, May 22, 2015、al-Hayat, May 23, 2015、Iraqi News, May 22, 2015、Kull-na Shuraka’, May 22, 2015、al-Mada Press, May 22, 2015、Naharnet, May 22, 2015、NNA, May 22, 2015、Reuters, May 22, 2015、SANA, May 22, 2015、UPI, May 22, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク