アラブ連盟のアラビー事務総長、タドムル市救済を国際社会に求める(2015年5月22日)

アラブ連盟のナビール・アラビー事務総長は、ダーイシュ(イスラーム国)によるタドムル市制圧に関して「深い懸念」を表明、国際社会に対して「緊急に行動し、UNESCO世界文化遺産に指定されている古代都市救済のための必要なすべてな措置を講じる」よう呼びかけた。


AFP, May 22, 2015、AP, May 22, 2015、ARA News, May 22, 2015、Champress, May 22, 2015、al-Hayat, May 23, 2015、Iraqi News, May 22, 2015、Kull-na Shuraka’, May 22, 2015、al-Mada Press, May 22, 2015、Naharnet, May 22, 2015、NNA, May 22, 2015、Reuters, May 22, 2015、SANA, May 22, 2015、UPI, May 22, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク