シャッラーシュ人民議会議員:ダーイシュ(イスラーム国)、ファトフ軍に対するシリア軍の敗北の責任をとって、フライジュ国防大臣は辞任すべき」(2015年5月22日)

アブドゥッラー・イブラーヒーム・シャッラーシュ人民議会議員(アレッポ県諸地域A部門選出、無所属)はフェイスブックで、ヒムス県タドムル市でのダーイシュ(イスラーム国)に対するシリア軍の敗北や、イドリブ県でのファトフ軍に対するシリア軍の敗北の責任をとって、ファフド・ジャースィム・フライジュ国防大臣は辞任すべきだと綴った。

AFP, May 22, 2015、AP, May 22, 2015、ARA News, May 22, 2015、Champress, May 22, 2015、al-Hayat, May 23, 2015、Iraqi News, May 22, 2015、Kull-na Shuraka’, May 22, 2015、al-Mada Press, May 22, 2015、Naharnet, May 22, 2015、NNA, May 22, 2015、Reuters, May 22, 2015、SANA, May 22, 2015、UPI, May 22, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク