2011年1月25日のシリア情勢

バッシャール・アサド大統領が早朝、アレッポ市を訪問。同地の有識者、思想家、研究家、学識者らと会談し、文化、科学、開発、福祉などをめぐって意見交換を行った。

 

バアス』(125日付)が社説でチュニジアの革命を絶賛。「民族的、国民的偉業」と称えたうえで、「アラブ民族をめぐる問題がチュニジアの国民、民主主義の問題と不可分である。より正確に言うのなら、(チュニジアでの)最近の成果のなかには、真の地平が隠れており、それは革命によって、チュニジアがアラブの歴史的・先駆的役割を取り戻すべくその前に開かれた。革命は、パレスチナ問題を筆頭とするアラブ民族の諸問題とともにあり、アラブの祖国全体を標的とする米国およびシオニズムの計画に対抗するためにある」と評価。

 

Akhbār al-Sharq, January 25, 2011al-Baʻth, January 25, 2011Kull-nā Shurakā’, January 25, 2011, SANA, January 25, 2011などをもとに作成。

 

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き パーマリンク