2011年1月26日のシリア情勢

ハサカ県の国立病院筋によると、数日前に自宅で焼身自殺を図ったハサン・アリー氏(1974年生まれ)が死亡した。

アリー氏は精神病だったが、ハサカ県の失業、生活・経済状況に抗議して焼身自殺したという。

 Akhbār al-Sharq, January 26, 2011をもとに作成。

 

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク