イドリブ県、アレッポ県各所で、アル=カーイダ系組織のヌスラ戦線の退去とシャーム戦線支持を訴えるデモが発生(2015年9月1日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、アル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動、ジュンド・アクサー機構などからなるファトフ軍の支配下にあるハーン・シャイフーン市で、住民が1日晩、ヌスラ戦線の市内からの退去を求めるデモを行い、市内にとどまる住民数十人が参加した。

デモで住民は、ヌスラ戦線が市内のモスクのシャイフや説教師を解任したことに抗議、ヌスラ戦線の指導者のアブー・ムハンマド・ジャウラーニー氏の「退任」を訴えるとともに、シャーム戦線に対し、ハーン・シャイフーン市に進駐するよう求めた。

ヌスラ戦線はこのデモに対して、空砲を撃つなどして強制排除を試み、デモに参加した活動家複数人を逮捕したという。

Kull-na Shuraka', September 1, 2015

Kull-na Shuraka’, September 1, 2015

Kull-na Shuraka', September 3, 2015

Kull-na Shuraka’, September 3, 2015

ARA News(9月2日付)によると、同様のデモは、イドリブ県ジスル・シュグール市、アレッポ県アターリブ市でも行われ、デモ参加者は、ヌスラ戦線の退去と幹部の処罰、ヌスラ戦線による逮捕者の釈放を要求した。

『ハヤート』(9月5日付)によると、サルマーダー市でも同様のデモが発生、ヌスラ戦線がデモ参加者に発砲し、複数の負傷者が出た。

AFP, September 2, 2015、AP, September 2, 2015、ARA News, September 2, 2015、Champress, September 2, 2015、al-Hayat, September 3, 2015、September 5, 2015、Iraqi News, September 2, 2015、Kull-na Shuraka’, September 2, 2015、al-Mada Press, September 2, 2015、Naharnet, September 2, 2015、NNA, September 2, 2015、Reuters, September 2, 2015、SANA, September 2, 2015、UPI, September 2, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク