スワイダー市での連続爆破テロによるワヒード・バルウース師死亡を受け「マシャーイフ・カラーマ」が「アラブ山を「解放区」とする」と宣言(2015年9月5日)

マシャーイフ・カラーマは「声明第1号」を出し、バルウース師の死に関して、「軍事情報局スワイダー支局のワフィーク・ナースィル支局長、シリア大統領バッシャール・アサドの悪党に対して政治的疑いを向けており、これまでに起きた暗殺、そして今後起こるであろう暗殺のすべての責任は治安当局にある」と主張し、シリア政府への敵意を露わにした。

そのうえで、「アラブ山を、治安機関の悪党やその省庁から解き放たれた解放区とすることを宣言し…、スワイダー県のカラーマ(「マシャーイフ・カラーマ」のこと)の男たちの連合は、アラブ山を解放区とし…、県内の各市・町のカラーマの男たちが治安を掌握した」と発表した。

また「アラブ山防衛暫定委員会による自治のもとに公共機関の活動を継続し、カラーマの男たちからなる作戦司令室に対して、アラブ山のすべての武装集団との関係を調整し、県内における政権の拠点を除去し、治安と日常生活の維持を監督することを任じる」と主張、「アラブ山を、安全地帯、あるいは飛行禁止空域に設定し、ヨルダン政府との調整のもとに対ヨルダン国境の国境通行所を開放するため、諸外国政府、国際機関と連絡を取るための政治交渉委員会を設置する」と表明した。

クッルナー・シュラカー(9月5日付)などが伝えた。

**

クッルナー・シュラカー(9月5日付)は、スワイダー県の複数の消息筋の話として、マシャーイフ・カラーマ(カラーマの男たち指導評議会)は、死亡したワヒード・バルウース師の後任としてアブー・ユースフ・ラアファト・バルウース師を新たな指導者に選出したと伝えた。

**

『ハヤート』(9月6日付)によると、シリア革命反体制勢力国民連立政治委員会メンバーのスハイル・アタースィー女史は、バルウース師の市に関して「アサド体制による暗殺」と断じた。

**

一方、レバノンの進歩社会主義のワリード・ジュンブラート党首(ドゥルーズ派)は、スワイダー市で発生した連続爆破テロにより、バルウース師が死亡したことに関して、アサド政権が関与していると非難するとともに、「バルウース師はアサド体制軍への従軍を拒むインティファーダを指導した唯一のシャイフだった。彼はまた、アラブ山(スワイダー県)住民がシリア国民の弾圧や殺戮に参加することに異議を唱えてきた」と讃えたうえで、「シリアのドゥルーズ派は、誰が敵で、誰が友人かを知る時が来た」と述べた。

**

これに対して、スワイダー県警察のムハンマド・サムラ署長は、SANA(9月5日付)に対して、「スワイダー市の今日の状況は、平静且つ安定しており、報道されているようないかなる衝突も起きていない」と述べた。

AFP, September 5, 2015、AP, September 5, 2015、ARA News, September 5, 2015、Champress, September 5, 2015、al-Hayat, September 6, 2015、Iraqi News, September 5, 2015、Kull-na Shuraka’, September 5, 2015、al-Mada Press, September 5, 2015、Naharnet, September 5, 2015、NNA, September 5, 2015、Reuters, September 5, 2015、SANA, September 5, 2015、UPI, September 5, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク