オーストラリア空軍がシリア領内でのダーイシュ(イスラーム国)に対する軍事作戦に初参加(2015年9月12日)

オーストラリア国防省は、12日(土曜日)夜から13日(日曜日)にかけて、同国空軍がシリア領空で最初となる任務を遂行し、中東地域内の基地に帰還した、と発表した。

この任務に使用されたのは、F-18Aホーネット戦闘機2機、KC30A1輸送機、A-7A哨戒機1機において、武器は使用しなかったという。

AFP(9月12日付)が伝えた。

AFP, September 12, 2015、AP, September 12, 2015、ARA News, September 12, 2015、Champress, September 12, 2015、al-Hayat, September 13, 2015、Iraqi News, September 12, 2015、Kull-na Shuraka’, September 12, 2015、al-Mada Press, September 12, 2015、Naharnet, September 12, 2015、NNA, September 12, 2015、Reuters, September 12, 2015、SANA, September 12, 2015、UPI, September 12, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク