米中央司令部は、「穏健な反体制派」新規戦闘員約70人がアル=カーイダ系のヌスラ戦線に装備の25%を引き渡していたことを認める(2015年9月25日)

米中央軍は、25日午後1時頃、最近になってシリアに進入した「穏健な反体制派」新規戦闘員約70人(第30師団、新シリア軍)の司令官が、作戦実行地域内での安全な移動を確保するため、アル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線に、有志連合が供与した装備を引き渡していた事実を確認したと発表した。

中央司令部のパトリック・レイダー報道官(大佐)によると、9月21~22日にかけて、「新シリア軍」は、ピック・アップ・トラック6台と弾薬をヌスラ戦線に直接引き渡したという。

ヌスラ戦線に引き渡された装備、弾薬は、有志連合が供与した装備の25%にあたるという。

なお、米中央軍は23日、新規戦闘員約70人がアル=カーイダ系のシャームの民のヌスラ戦線に降伏、武器弾薬を引き渡したとの報道に関して、「そうした証拠を得ていない」と否定、有志連合が提供した武器弾薬は「新シリア軍」の管理下にある、と発表していた。

AFP, September 26, 2015、AP, September 26, 2015、ARA News, September 26, 2015、Champress, September 26, 2015、al-Hayat, September 27, 2015、Iraqi News, September 26, 2015、Kull-na Shuraka’, September 26, 2015、al-Mada Press, September 26, 2015、Naharnet, September 26, 2015、NNA, September 26, 2015、Reuters, September 26, 2015、SANA, September 26, 2015、UPI, September 26, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク