アレッポ市シャイフ・マクスード地区でYPGとアル=カーイダ系のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動の戦闘が再開(2015年9月26日)

アレッポ県では、ARA News(9月26日付)によると、アレッポ市シャイフ・マクスード地区一帯で、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊と、アル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動との間で戦闘が再開した。

戦闘は21日に、西クルディスタン移行期民政局がシリア政府支配地域と反体制武装集団支配地域の間に位置するジャズィーラ通行所を数日前に開放しようとしたことをきっかけとして起きていた。

人民防衛隊に対抗する反体制派は、当初「シャーム戦線」、「シャーム自由人イスラーム運動」とされていたが、26日の報道では、「ヌスラ戦線とシャーム自由人イスラーム運動」と伝えられた。

AFP, September 26, 2015、AP, September 26, 2015、ARA News, September 26, 2015、Champress, September 26, 2015、al-Hayat, September 27, 2015、Iraqi News, September 26, 2015、Kull-na Shuraka’, September 26, 2015、al-Mada Press, September 26, 2015、Naharnet, September 26, 2015、NNA, September 26, 2015、Reuters, September 26, 2015、SANA, September 26, 2015、UPI, September 26, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク