オーストラリアのビショップ外務大臣も態度を軟化「アサド大統領がシリアにいるのが現実だ…ロシアの関与は前向きなもの」(2015年9月27日)

オーストラリアのジュリー・ビショップ外務大臣は、国連総会出席のために訪問中の米ニューヨークで、シリア情勢に関して、シリア政府の正統性を否定してきたこれまでの姿勢を軟化させ、アサド政権を支援するロシアの関与に積極的に対処すべきだとの姿勢を示した。
ビショップ外務大臣は以下のように述べた。

「多くの国は、アサド政権が崩壊した場合、真空が生じ、アサド政権よりも極悪非道な存在によってシリアが満たされるかもしれないという恐怖を抱いている…。私は現時点でも、(アサド)政権に正統性はないという過去のコメントを取り下げることはしない…。なぜならアサド大統領は、自国民に化学兵器を使い、シリアでの殺戮と破壊は驚愕すべきものとなっている…。アサド政権はシリアにとって有害だが、我々は現実に対処すべきだ。我々は政治的解決を必要としているというのが事実だ…。アサド大統領が依然としてシリアにいるのが現実であり、ロシアがアサド大統領を支援しているのが事実だ…。我々はシリアに平和、安全、統一をもたらすための創造的な方法を見つけねばならない…。もし、(イラン核開発協議をめぐるロシアの姿勢を)、問題の一部ではなく、解決作の一部になろうとするロシアの姿勢の一例とするのなら、我々はロシアの関与が前向きなものだと楽観できる…。私はロシアの関与が自国の利益だけのためになされているとは考えていない」。

ラジオ・オーストラリア(9月27日付)などが伝えた。

AFP, September 27, 2015、AP, September 27, 2015、ARA News, September 27, 2015、Champress, September 27, 2015、al-Hayat, September 28, 2015、Iraqi News, September 27, 2015、Kull-na Shuraka’, September 27, 2015、al-Mada Press, September 27, 2015、Naharnet, September 27, 2015、NNA, September 27, 2015、Radio Australia, September 27, 2015、Reuters, September 27, 2015、SANA, September 27, 2015、UPI, September 27, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク