ロシアは過去2週間に貨物機15機でシリアに軍事・技術支援強化(2015年9月26日)

AFP(9月26日付)は、ロシアが26日までの過去2週間で、ラタキア県に少なくとも貨物機15機を派遣し、軍事・技術支援強化を行ったと伝えた。

これらの貨物機は、ロシア軍が滑走路を整備したとされるラタキア県ジャブラ市郊外のフマイミーム航空基地(バースィル・アサド国際空港内)に着陸し、軍備品、人員などを搬出したのち、ロシア軍戦闘機の護衛を受け帰還したという。

また、AFP(9月26日付)は、ロシアがシリアに対して行った軍事・技術支援の内容に関して、Su-24戦闘爆撃機(12機)、Su-25戦闘機(12機)、Su-30SM多用途戦闘機(4機)、Ka-29ヘリコプター無人航空機、T-90戦車などが含まれていると伝えた。

AFP, September 26, 2015、AP, September 26, 2015、ARA News, September 26, 2015、Champress, September 26, 2015、al-Hayat, September 27, 2015、Iraqi News, September 26, 2015、Kull-na Shuraka’, September 26, 2015、al-Mada Press, September 26, 2015、Naharnet, September 26, 2015、NNA, September 26, 2015、Reuters, September 26, 2015、SANA, September 26, 2015、UPI, September 26, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク