クナイトラ県で「堪え忍ぶ者たちに吉報をもたらせ」合同作戦司令室がアマル農場を制圧(2015年9月29日)

クナイトラ県では、シリア人権監視団によると、県北部でシリア軍と反体制武装集団の戦闘が続き、シリア軍が、反体制武装集団に制圧されたタルジャナ連隊展開地域一帯、そしてナブア・サフル村一帯を「樽爆弾」で空爆した。

フルカーン旅団が「一時の忍耐なくして勝利なし」と題した声明を出し、そのなかで、「堪え忍ぶ者たちに吉報をもたらせ」合同作戦司令室がアマル農場、タルジャナ中隊展開地域を制圧、またハミーディーヤ村に進撃しようとしたシリア軍部隊を撃退したと発表した。

『ハヤート』(9月30日付)は、「堪え忍ぶ者たちに吉報をもたらせ」合同作戦司令室に関して、複数の情報を総合し、以下の武装集団が参加していると伝えた。

シャーム征服(ファトフ)作戦司令室

イスラーム軍

シリア革命家戦線

アンサール・ディーン戦線

カシオン旅団

フルカーン旅団

またこれらの武装集団に加えて、シャームの剣大隊も参加していると見られる。

一方、SANA(9月28日付)によると、シリア軍が人民防衛諸組織とともに、アマル農場、タルジャナ村、ハミーディーヤ村でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がアルマー町を砲撃した。

一方、SANA(9月28日付)によると、タファス市、ダルアー市アブー・バクル・モスク一帯、アトマーン村で、シリア軍がシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア軍がダーライヤー市に「樽爆弾」8発を投下、また地対地ミサイルと思われる兵器で攻撃を加えた。

シリア軍はまた、ドゥーマー市に対しても空爆を行ったほか、ダーヒヤト・アサド町一帯で、イスラーム軍などのジハード主義武装集団と交戦した。

これに対して、ジハード主義武装集団は、ワーフィディーン・ゴラン高原難民キャンプに展開するシリア軍戦車2輌を攻撃、破壊した。

このほか、ダマスカス県西部でジハード主義武装集団に逮捕されたハーン・シャイフ・キャンプ出身の男性が、拷問を受け死亡した。

この男性は、シリア政府に内通しているとの嫌疑で逮捕されていた。

これに対して、男性の遺族は、反体制武装集団の「シャリーア法廷」に訴えを起こし、この武装集団に補償金を支払うよう命じたという。

**

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、シリア軍が、シャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団の支配下にあるジャウバル区を砲撃した。

また、ARA News(9月30日付)によると、ムハージリーン区、マッザ86地区、アブー・ルンマーナ地区、バーブ・トゥーマ区、旧市街、マーリキー地区などに反体制武装集団が撃ったと思われる迫撃砲弾複数発が着弾し、住民2人が死亡、5人が負傷した。

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がズィヤーラ町、マンスーラ村、カーヒラ村一帯を空爆した(死傷者はなかった)。

一方、SANA(9月28日付)によると、シリア軍がラターミナ町、ムーリク市東部でファトフ軍に対して特殊作戦を行い、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

シリア軍はまたマンスーラ村のファトフ軍拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、アレッポ市ハーリディーヤ地区のシリア軍拠点を反体制武装集団が砲撃した。

一方、SANA(9月28日付)によると、シリア軍が、アレッポ市ブスターン・バーシャー地区、バニー・ザイド地区、カラム・マイサル地区、ジュダイダ地区、シャッアール地区、ブスターン・カスル地区、カーディー・アスカル地区などで反体制武装集団に対して正確に攻撃を行い、シャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シャーム自由人イスラーム運動の仲介により、スィンジャール町郊外のヒヤーラ村の住民とシャームの民のヌスラ戦線が調停のための会合を開いた。

会合は、数日前にヌスラ戦線がヒヤーラ村を襲撃し、女児を殺害したことを受けたものだという。

一方、SANA(9月28日付)によると、タマーニア町、ジスル・シュグール市・フライカ村街道、アブー・ズフール町でシリア軍がファトフ軍の拠点、車列を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ラタキア県では、SANA(9月28日付)によると、シリア軍が人民防衛諸組織とともに、マリージュ村で反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、SANA(9月28日付)によると、シリア軍が、ダイル・フール村、タルビーサ市で、シャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, September 29, 2015、AP, September 29, 2015、ARA News, September 29, 2015、September 30, 2015、Champress, September 29, 2015、al-Hayat, September 30, 2015、Iraqi News, September 29, 2015、Kull-na Shuraka’, September 29, 2015、al-Mada Press, September 29, 2015、Naharnet, September 29, 2015、NNA, September 29, 2015、Reuters, September 29, 2015、SANA, September 29, 2015、UPI, September 29, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク