シリア・ムスリム同胞団「ロシアへの防衛ジハードは義務」(2015年10月3日)

シリア・ムスリム同胞団は声明を出し、ロシア軍によるシリア領内での空爆開始を受け、ロシアに対するジハードを呼びかけた。

声明において、同胞団は「我々は今日、防衛ジハードが、武器を手にすることができるすべての者にとっての義務(ファルド・アイン)であることを確認する。これに基づき、我々は、このために同胞団のすべての力を結集する…。すべての派閥、武装組織、民族、宗教におけるすべてのシリア国民に対し、一丸となって独裁打倒と占領打破に向けて行動するよう呼びかける」と述べた。

AFP, October 4, 2015、AP, October 4, 2015、ARA News, October 4, 2015、Champress, October 4, 2015、al-Hayat, October 5, 2015、Iraqi News, October 4, 2015、Kull-na Shuraka’, October 4, 2015、al-Mada Press, October 4, 2015、Naharnet, October 4, 2015、NNA, October 4, 2015、Reuters, October 4, 2015、SANA, October 4, 2015、UPI, October 4, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク