ロシア軍がヒムス県、ラッカ県、ハマー県、ラタキア県のテロ組織拠点への空爆を実施し、ヌスラ戦線戦闘員100人以上を殲滅(2015年10月8日)

RT(10月8日付)などによると、ロシア防衛省のイゴール・コナシェンコフ報道官は、過去24時間で、ヒムス県、ラッカ県、ハマー県、ラタキア県のテロ組織の拠点27カ所に対して22回の空爆を行ったと発表した。

**

コナシェンコフ報道官によると、ヒムス県において、ロシア軍は、反体制武装集団の拠点8カ所を破壊した。

**

コナシェンコフ報道官によると、ロシア軍は、ハマー県、ラッカ県でも拠点11カ所を空爆し、反体制武装集団の教練キャンプのインフラを破壊した。

**

ラタキア県では、SANA(10月8日付)などによると、ロシア軍は、タルティヤーフ村、ドゥーリーン村、マギーリーヤ村、サルマー町、サフサーファ町近郊、アラーフィート村近郊、スィンディヤーン村、ドゥワイリカ村、ワーディー・ハズィーラーン一帯に対して行われ、シャームの民のヌスラ戦線戦闘員100人以上を殲滅、車輌数十両、ロケット砲発射台、武器弾薬庫、教練キャンプ、避難壕を破壊したという。

一方、コナシェンコフ報道官によると、ロシア軍はSu-25による偵察活動でダーイシュの基地を発見、これを破壊したという。

**

また、SANA(10月8日付)によると、シリア軍の支援を受けたロシア軍戦闘機、アレッポ県のダーイシュ(イスラーム国)拠点に対して空爆を行った。

空爆は、アンダーン市、アターリブ市、ダイル・ハーフィル市、マンスーラ村西部、バーブ市一帯に対して行われたという。

**

一方、イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(10月8日付)が、ロシア軍戦闘機1機がハーン・シャイフーン市の民家を空爆し、女性1人が死亡、住民10人が負傷した、と伝えた。

**

https://youtu.be/gn_cGubYp0M

AFP, October 8, 2015、AP, October 8, 2015、ARA News, October 8, 2015、Champress, October 8, 2015、al-Hayat, October 9, 2015、Iraqi News, October 8, 2015、Kull-na Shuraka’, October 8, 2015、al-Mada Press, October 8, 2015、Naharnet, October 8, 2015、NNA, October 8, 2015、Reuters, October 8, 2015、RT, October 8, 2015、SANA, October 8, 2015、UPI, October 8, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク