エジプト外相がロシア外相と電話会談:地域諸国とのより広範な同盟をロシアに要請(2015年10月9日)

『ハヤート』(10月10日付)によると、エジプトのサーミフ・シュクリー外務大臣は、ロシアのセルゲイ・ラヴロフ外務大臣と電話会談を行い、シリア情勢などへの対応について意見を交わした。

両国外相の電話会談は、8日のアブドゥルファッターフ・スィースィー大統領とヴラジミール・プーチン大統領の電話会談に次ぐもの。

エジプト外務省のアフマド・アブー・ザイド報道官によると、両国外相の電話会談では、スタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連アラブ連盟共同特別代表の計画に沿って、シリアの危機の政治的解決への努力を継続し、当事者らに対話を呼びかけることで合意、また中東地域における「テロとの戦い」への対応について議論がなされたという。

なお、『ハヤート』は、複数の消息筋の話として、エジプト・ロシア両国首脳間の電話会談などを通じて、エジプトがロシアに対して、空爆の目標を効果的に実現するため、地域諸国への同盟と調整の拡大を要請した、と伝えた。

AFP, October 9, 2015、AP, October 9, 2015、ARA News, October 9, 2015、Champress, October 9, 2015、al-Hayat, October 10, 2015、Iraqi News, October 9, 2015、Kull-na Shuraka’, October 9, 2015、al-Mada Press, October 9, 2015、Naharnet, October 9, 2015、NNA, October 9, 2015、Reuters, October 9, 2015、SANA, October 9, 2015、UPI, October 9, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク